JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから、新型ドライブレコーダー「DRV-C750」を発売した。最大の特徴は、魚眼レンズを下向きに搭載することで、360度全周囲の撮影を実現したこと。前方・左右・車内(後方)の映像をすべて記録できるため、前方撮影のみのドラレコでは死角だった側面の状況もしっかりと確認できる。

ケンウッド 
DRV-C750、CMOS-DR750

●実売価格:DRV-C750=4万3000円程度、CMOS-DR750=1万1400円程度

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから、新型ドライブレコーダー「DRV-C750」を発売した。最大の特徴は、魚眼レンズを下向きに搭載することで、360度全周囲の撮影を実現したこと。

画像: DRV-C750(左)、CMOS-DR750(右)

DRV-C750(左)、CMOS-DR750(右)

前方・左右・車内(後方)の映像をすべて記録できるため、前方撮影のみのドラレコでは死角だった側面の状況もしっかりと確認できる。録画モードは、「パノラマ(360度)」「前後2分割」「前後左右4分割」「ラウンド(俯瞰)」の4種類。

オプションのリアカメラ「CMOS-DR750」を組み合わせれば、車外後方の映像をより鮮明に記録することも可能だ。

●問い合わせ先:JVCケンウッド 0120-2727-87

※この記事は『特選街』2020年10月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.