今回はマキタの掃除機についてご紹介します。マキタといえばインパクトドライバーなどの電動工具メーカーとして知られていますが、実は幅広いアイテムを扱っています。家電も販売しており、中でも掃除機は高い人気を誇ります。最近ではホームセンターや家電量販店などでも目にする機会が増えましたので気になっているという方も多いでしょう。そこで、今回はマキタの掃除機の魅力やおすすめのアイテムをご紹介します。

マキタの掃除機はスタイリッシュで高性能

電動工具メーカーの掃除機と言われてもあまりピンと来ないという方も多いかもしれません。そこでまずはマキタの掃除機はどういったものなのかや、メリット、魅力などをご紹介します。

画像: マキタの掃除機についてご紹介(写真はイメージ/pexels)

マキタの掃除機についてご紹介(写真はイメージ/pexels)

マキタの掃除機はコードレススティックタイプが中心

掃除機にもさまざまなタイプがありますが、近年では気軽に使用できて場所をとらないコードレススティックタイプのものが人気を集めています。マキタで販売されているのもこのタイプです。

かつてコードレスの掃除機というとパワーが弱い、短時間しか使用できないといったイメージが持たれていました。事実、掃除機は消費電力量も多く、かなりのパワーが必要なため以前はバッテリーの能力不足から高い性能を実現するのは困難でした。

しかし、近年ではバッテリーやモーターが進化したことによって、コードレス掃除機の性能が大幅に向上しています。

マキタは以前から充電式電動工具を数多く取り扱っていることもあり、バッテリーの性能の高さには定評があります。掃除機においてもその技術が存分に活かされており、非常に高性能です。

コードレススティックタイプのみでなく、近年人気が高まっているロボットクリーナーやキャニスタータイプ、業務用の大型タイプなどもラインナップされており、用途や使用シーンなどに合わせて選べるという点もポイントです。

さまざまなバッテリーのモデルをラインナップ

マキタの掃除機で使用されるバッテリーは工具などで使用されるものと共通しています。マキタの電動工具で使用するバッテリーには現在主流となっている18V、廉価モデルなどで使用される14.4Vと10.8V、そしてコンパクトサイズのモデルなどで使用されている7.2V、そして多くのパワーを要求される機器で採用される40VMAXなどがあります。

掃除機もさまざまなバッテリーに対応したものが用意されていますので、現在マキタの電動工具などを使用しているのであればバッテリーが流用できるものを選ぶのがおすすめです。

マキタのおすすめの掃除機3選

前述の通り、マキタではとても多くの掃除機をラインナップしています。そのため、どれを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、ここでは特におすすめのモデルを3種類ほどピックアップしてご紹介します。

画像: おすすめ製品をご紹介!(写真はイメージ/pexels)

おすすめ製品をご紹介!(写真はイメージ/pexels)

マキタ「CL280FDZC」

現在マキタの多くの電動工具などで採用され、主流になっている18Vバッテリーを使用するモデルです。モーターには長寿命でパワフルなブラシレスモーターを採用しており、コンパクトなスティックタイプながら十分なパワーを発揮してくれます。

画像: マキタ「CL280FDZC」 www.amazon.co.jp

マキタ「CL280FDZC」

www.amazon.co.jp

たまったゴミを簡単に捨てることができるカプセル方式を採用しているという点も、ポイントです。ボディカラーやデザインも、お馴染みの電動工具を思わせるものを採用していますので、マキタファンの方にもおすすめです。

マキタのスティックタイプ掃除機としては上位グレードにあたりますのでやや高価ではありますが、それだけに高性能でパワフルなモデルに仕上がっています。

画像1: 【マキタの掃除機】人気の3機種を徹底比較!コードレスからロボットタイプまで バッテリーは交換式と内蔵式どっちがいい?
マキタ コードレス掃除機CL280青 カプセル式&サイクロン 18Vバッテリ充電器別売 CL280FDZC
ブラシレスモータ搭載! さらにハイパワーになったマキタ最上位モデル
耐久性2倍以上! さらに低振動&低騒音
ゴミ捨てはひねってはずすだけのカプセル式&連続も断続も操作しやすい、スライド+トリガスイッチタイプ
リチウムイオン18V
ロック付サイクロンアタッチメント付。アタッチメント取付時集じん容量400mL。サイクロンで細かなゴミを遠心分離。ゴミ捨て簡単、頻度1/6。
吸込み仕事率 45W (3.0Ah満充電相当で測定)
集じん容量750mL。
連続使用時間 約20分(3.0Ah満充電相当で測定)
本機寸法: 1,016×113×155mm(パイプ・ノズル付)。質量: 1,4kg(バッテリ...
¥14,196
2021-05-31 1:25

マキタ「CL105DWI」

10.8Vバッテリーを内蔵したタイプのスティックタイプ掃除機です。他のモデルのようにバッテリーの交換はできませんが、その分コンパクトですっきりとしたデザインに仕上がっています。

充電器もコンパクトなので充電中も邪魔になることはありません。さらにこのモデルは壁掛けにも対応していますので、収納時の置き場所で困ることもないでしょう。マキタの掃除機の中では廉価グレードではありますが、パワーも十分です。

画像: マキタ「CL105DWI」 www.amazon.co.jp

マキタ「CL105DWI」

www.amazon.co.jp

他にマキタの電動工具などを使用している方の場合、バッテリーが流用できますので交換式がおすすめですが、掃除機のみしか使用しないのであれば内蔵式も魅力的な選択肢となります。

画像2: 【マキタの掃除機】人気の3機種を徹底比較!コードレスからロボットタイプまで バッテリーは交換式と内蔵式どっちがいい?
マキタ コードレス掃除機(充電式クリーナー) 10.8Vバッテリー内蔵 アイボリー CL105DWI
カラー:アイボリー
サイズ(mm):446×113×136(ノズル取付時の長さ983) /質量:1.0kg(ノズル・パイプなし・本機のみ)
電源:バッテリ内蔵(1.3Ah-直流10.8V)
集塵容量(ml):500ダストバック/330紙パック
吸込仕事率(w):パワフル20、強14、標準5
1充電あたりの連続使用時間(min)[分]:パワフル約7、強約10、標準約20
付属品:ノズル、ストレートパイプ、サッシ(すきま)用ノズル、紙パック(10枚)、ダストバッグ
¥10,091
2021-05-31 1:26

マキタ「RC200DZSP」

最後にご紹介するのマキタのロボット掃除機です。もともとは業務用モデルとして開発されていることもあって、非常に集塵能力は強力で広い範囲にも対応しています。また、集塵ファンのON/OFF機能もありますので、ゴミを吸い込むのではなく掃き込みだけを行うことも可能です。

画像: マキタ「RC200DZSP」 www.amazon.co.jp

マキタ「RC200DZSP」

www.amazon.co.jp

使用バッテリーは18Vとなっており、5Ahバッテリーで200時間、6Ahバッテリーで220時間の連続使用ができます。家庭用としてはややオーバースペックで、高価なモデルではありますが、よりタフで高性能なロボット掃除機を求めている方は検討してみてはいかがでしょうか。

画像3: 【マキタの掃除機】人気の3機種を徹底比較!コードレスからロボットタイプまで バッテリーは交換式と内蔵式どっちがいい?
マキタ ロボットクリーナーRC200DZSP 6.0Ahバッテリー2個&充電器付フルセット(アクセサリ収納バッグ付)
【RC200DZSP本体に、容量6.0AhバッテリーBL1860Bを2個と2口急速充電器DC18RDをセットにしたSHIBASHOオリジナル商品!】「SHIBASHO」オリジナル商品です。さらに小物を収納する専用アクセサリバッグ付!この商品にほかの販売者が出品している場合は、偽物ですのでご注意ください。
バッテリーと充電器が全て揃っているので、すぐにお使いいただけます。倉庫に、オフィスに、ロビーに広い清掃に大活躍!開店前や開店後の店舗での準備時間や、後片付け時などにもお使いいただいてます。プロの現場で使える優れた清掃性能。
タイマー予約「入/切」仕様。クリーン業務を「ロボット」でサポート...
¥126,800
2021-05-31 1:27

まとめ

今回はマキタの掃除機の魅力やおすすめのモデルをピックアップしてご紹介しました。マキタといえば電動工具が有名ですが、掃除機も評価が高くさまざまなモデルがラインナップされています。

画像: マキタの掃除機の魅力やおすすめ製品を紹介しました(写真はイメージ/pexels)

マキタの掃除機の魅力やおすすめ製品を紹介しました(写真はイメージ/pexels)

今回ご紹介した以外にもさまざまなタイプのものがありますので、これから掃除機の購入を考えている方はチェックしてみましょう。

This article is a sponsored article by
''.