クラシックファンにとって、NHKのBS8K放送は、たいへん貴重な20世紀の名演奏を最高の画質と音質で届けてくれる垂涎の放送局だ。

35mmで撮影されていたことが貴重

2020年の初頭からこれまでに放送されてきた、BS8K「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」の演目を紹介しよう。

①ベートーベンの交響曲第9番ニ短調作品125「合唱つき」。 レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル。1979年9月、ウィーン国立歌劇場で収録。②モーツァルトの交響曲第36番ハ長調K.425「リンツ」、ブラームスの交響曲第2番ニ長調作品73。カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィル。1991年10月、ウィーン楽友協会大ホールで収録。③チャイコフスキーの交響曲第4番ヘ短調作品36、交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」。 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル。1973年12月、ベルリンのフィルハーモニーで収録。④モーツァルトの交響曲第29番イ長調K.201、交響曲第40番 ト短調K.550、交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」。カール・ベーム指揮ウィーン・フィル。1973年6月、ウィーン楽友協会大ホールで収録。⑤マーラー交響曲全集。交響曲第1番~第9番、第10番からアダージョ、「大地の歌」。 レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィル、ロンドン交響楽団、イスラエル・フィル。1971年~1976年に収録。⑥モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」。ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル。1954年 、ザルツブルクはフェルゼンライトシューレで収録。⑦チャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖」。マーゴ・フォンティーン、ルドルフ・ヌレエフ、ウィーン国立歌劇場バレエ団。1966年、ウィーン国立歌劇場で収録。

これらは、ドイツの音楽映像制作プロダクション、ユニテルが制作した35mmマスター・ネガから制作した8K作品だ。そもそも、これだけの演奏が35mmフィルムで撮影されていたことがもの凄く貴重だ。ビデオ撮影ではオリジナル以上の解像度にはならないが、フィルムならもともと画像情報量がひじょうに多いので、8Kスキャンすることで、高画質が再現できる。

1時間番組を8K化するのに72時間

これまで、NHKの8K放送では『2001年 宇宙の旅』や『マイ・フェア・レディ』など、70mmフィルムをスキャンした番組を放送したことはあるが、35mmフィルムからの8Kスキャンは(世界でも)初めてのこと。これらのオリジナルネガフィルムは、ユニテルのアーカイブにマイナス4℃の環境で厳重に冷凍保管されていた。経年の化学変化を防ぐためだ。

次に、13℃の環境で数日掛けて解凍した後、傷の有無などの保存状態を目視で確認し、最新鋭機でスキャン。35mmフィルムからの8Kスキャンにはひとコマ3秒掛かる。つまり、1秒のフィルム映像をスキャンするには、「24コマ×3秒=72秒」が必要だ。このスピードでは休みなしに取り込んだとしても、1時間番組を8K化するのに72時間を要する。

そして、日本の東京五反田のイマジカ本社で傷消しや揺れ補正、カレーコレクション(色補正)を行なう。さらに渋谷の「イマジカ8Kスタジオ」で、HDR制作が行なわれた。

素材表現が美的

画調はとてもフィルム的だ。フィルムのグレイン(粒状性)が絶妙に残った映像。『2001年 宇宙の旅』や『マイ・フェア・レディ』などの70mmフィルムをスキャンした映画作品は、かなり解像度が高かったが、「いまよみがえる伝説の名演奏名舞台」は、35mmフィルムであり、ビデオ撮影された「はっきり・くっきりの8Kを見慣れた人」にはちょっと甘く感じられるかもしれない。

でも、輪郭の再現が素直で、微細な情報もしっかり残っている。楽団員の燕尾服の質感、黒の光沢感、楽器の反射の輝きなど素材表現が美的だ。シャツもピケ織り、ドビー織り、シャガード織りといった織り方の違いも、8Kでは分かる。

バーンスタインの目力に圧倒

なかでも、指揮者の表情が分かるのが、「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」の最大の魅力だ。バーンスタインの「第九」では、バーンスタインのアップの目力に圧倒される。身体の動きに合わせて汗が飛び散る様が克明に記録され、躍動している。

バーンスタインは、ウィーン・フィルの力を最大限に引き出すように指揮するが、カラヤンのチャイコフスキーは、強力なリーダーシップで、ドライブする。1973年にカラヤンが、カメラマン、エルンスト・ヴィルトと共に製作したチャイコフスキーは、音楽の緊張の瞬間や叙情的、劇的価値を視覚化して伝えている。80年代のべートーヴェン交曲全集を初めとする一連のテレモンデアル(カラヤンが設立した映像プロダクション)の作品のように完璧な様式美、人工美とは違う、ドラマティックで美的なカラヤン芸術が、8Kと22.2チャンネルで堪能できる。

画像: 「カラヤンのチャイコフスキー」 ©UNITEL

「カラヤンのチャイコフスキー」

©UNITEL

「人類の宝」とも言うべき圧倒的な名演

カルロス・クライバーのモーツァルトとブラームスは、まさに「人類の宝」とも言うべき圧倒的な名演だ。1991年10月、ほとんど振らないカルロス・クライバーが突然、公開演奏会を承諾。ウィーン・フィルによるコンサートが2日間にわたって、ムジークフェライン・ザールで行われた。指揮棒を振り下ろすやいなや、奏者も客席もみなが魔法に掛かり、音楽美に取り込まれていく。

画像: 「クライバーのモーツァルト&ブラームス」 ©UNITEL

「クライバーのモーツァルト&ブラームス」

©UNITEL

2011年3月に、NHKの2KBSで、クライバーの大特集が放送されたが、その時はSDからハイビジョンへのアップコンバートであり、今回のフィルムから8Kへコンバートしたバージョンで、本物のコンサートが体験できた。躍動と色艶、実に優雅で優美、そして振幅の大きなダイナミックな音楽だ。

演奏でたいへんユニークなのは、ブラームスの交響曲で、第1ヴァイオリンの第2列が、他の奏者と反対のボーイング(弓使い)をしていることだ。この事実は、レーザーディスクの時代から注目され、その理由があれこれ詮索されてきたが、8K映像では、その意味が分かる気がする。

画像: 「ベームのモーツァルト」 ©UNITEL

「ベームのモーツァルト」

©UNITEL

黄金時代のカラヤン指揮ベルリン・フィルの名演奏を準備中

「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」の今後の展開としては、1970年代の黄金時代のカラヤン指揮ベルリン・フィルの名演奏を準備中だ。すでに8K化されたチャコイフスキーの交響曲第4番、第6番に続き、後期交響曲集の完結編として第5番を。そしてブラームスの交響曲全曲が、秋以降に順次放送予定だ。

<8月の放送予定>

「クライバーのモーツァルト&ブラームス」 8/10(火)午前11:00、
「カラヤンのチャイコフスキー」 8/12(木)午後7:00、8/17(火)午前11:00
「ベームのモーツァルト」 8/19(木)午後7:00、8/24(火)午前11:00
「バーンスタインのマーラー第5番」 8/11(水)午後2:00
「バーンスタインのマーラー交響曲大地の歌」 8/18(水)午後2:00

◆文・麻倉怜士(あさくら・れいじ)
デジタルメディア評論家、ジャーナリスト。津田塾大学講師(音楽理論)、日本画質学会副会長。岡山県岡山市出身。1973年、横浜市立大学卒業。日本経済新聞社を経てプレジデント社に入社。『プレジデント』副編集長、『ノートブックパソコン研究』編集長を務める。1991年よりオーディオ・ビジュアルおよびデジタル・メディア評論家として独立。高音質ジャズレーベル「ウルトラアートレコード」を主宰。
▼麻倉怜士(Wikipedia)
▼@ReijiAsakura(Twitter)
▼ウルトラアートレコード(レーベル)

This article is a sponsored article by
''.