ゼンハイザージャパンが、サウンドバータイプのホームシアターシステム「AMBEO Soundbar SB01-JP」を発売した。一台で5.1.4チャンネルのサラウンド音場を再現できるのが特徴。

ゼンハイザー
AMBEO Soundbar

●実売価格:35万7500円程度

ゼンハイザージャパンが、サウンドバータイプのホームシアターシステム「AMBEO Soundbar SB01-JP」を発売した。

画像1: ゼンハイザー AMBEO Soundbar

スリムなボディ(幅126.5センチ)に、ウーハー6基、ツイーター5基、トップファイアリング(ハイト)スピーカー2基を搭載しており、一台で5.1.4チャンネルのサラウンド音場を再現できるのが特徴。

画像2: ゼンハイザー AMBEO Soundbar

「Dolby Atmos」「DTS:X」「MPEG-H」にも対応しているから、先進の3Dコンテンツも手軽に楽しめる。

画像3: ゼンハイザー AMBEO Soundbar

また、ステレオや5.1チャンネルの音源を3D音響にアップミックスすることも可能だ。トータル出力は500ワット。

画像4: ゼンハイザー AMBEO Soundbar

●問い合わせ先:ゼンハイザージャパン ⇒https://ja-jp.sennheiser.com/

※この記事は『特選街』2021年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.