【実はハイレベル】AVアンプやサウンドバーをオーディオ用途に使える?

家電・AV

「RX-A4A」は、ヤマハ高級AVアンプの新製品だ。5.2.1chスピーカー構成に対応。AIにより、最適な音場効果を作り出す独自機能も強化した。また、デノン「DENON HOME SOUND BAR 550」ドルビーアトモス、DTS:X対応のサウンドバー。ここでは、サウンド再生向けの製品をオーディオ用途に活用できるか解説する。

AVアンプやサウンドバーなどはオーディオ用途にも使える?

AVアンプやサウンドバーの主な役割は、映画ソフトなどのサラウンド再生だ。内部には多数のパワーアンプやサラウンド処理回路、4Kなどの映像回路が同居。サウンドバーでは、スピーカーまで一体化されている。

これらは、どう見てもオーディオ再生には不利なはずだが、実は、最新モデルの音の進化はすごい。例えば、AVアンプの設計陣にオーディオ部隊が加わったり、サウンドバーでは、スピーカーユニットやエンクロージャーまで含めたハイレベルな音作りがなされているのだ。基本となる2チャンネルの音を決めてから、それをマルチチャンネルに展開するため、音像定位や音のバランスがよく、CD再生でも安心といえる。オーディオ用コンポとして、積極的に愛用しても問題ないのだ。

サラウンド再生向けだが、オーディオ用途にも活用できる

ヤマハ
RX-A4A
実売価格例:13万2000円

ヤマハ高級AVアンプの新製品だ。5.2.1chスピーカー構成に対応。AIにより、最適な音場効果を作り出す独自機能も強化した。

デノン
DENON HOME SOUND BAR 550
実売価格例:8万8000円

ドルビーアトモス、DTS:X対応のサウンドバー。デノンAVアンプの技術を投入し、包み込まれるような3Dサウンドを実現する。

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/林正儀(AV評論家)

この記事は『大人のオーディオ大百科2021』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

家電・AV
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース