【JBL L75ms】最新の音楽ストリーミングも楽しめるAll-In-Oneミュージックシステム

家電・AV

ハーマンインターナショナルは、アメリカカリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドJBLから、ブランド創立75周年記念モデルとして「JBL L75ms」を発売した。本機は、75周年記念モデルとしてすでに発売されている「L100 Classic 75」(ブックシェルフスピーカー)、「SA750」(プリメインアンプ)に続く第3弾となる製品で、最新の音楽ストリーミングサービスからテレビサウンドまで対応するインテグレーテッド・ミュージックシステムだ。

JBL
JBL L75ms

●実売:19万8000円程度

ストリーミングからTVサウンドまで対応するインテグレーテッド・ミュージックシステム

ハーマンインターナショナルは、アメリカカリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドJBLから、ブランド創立75周年記念モデルとして「JBL L75ms」を発売した。

本機は、75周年記念モデルとしてすでに発売されている「L100 Classic 75」(ブックシェルフスピーカー)、「SA750」(プリメインアンプ)に続く第3弾となる製品で、最新の音楽ストリーミングサービスからテレビサウンドまで対応するインテグレーテッド・ミュージックシステムだ。

「JBL L75ms」付属のリモコン

Bluetoothによるワイヤレス接続はもちろん、Apple Airplay2、Google Chromecastにも対応し、独自の「MusicLife」アプリを使えば、UPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)でローカルネットワーク上にある高解像度音楽ファイルの再生も可能だ。高性能なワイヤレスストリーミングスピーカーとしてさまざまな音楽コンテンツを快適に再生することができる。

また、有線接続では3.5mm径のAUX入力に加え、アナログレコード再生用のフォノ入力(MM)を装備。さらにはHDMI(ARC)端子を備えているため、テレビと接続すればサウンドバーのように映画やテレビ番組も高品位なサウンドで楽しむことが可能(2ch PCMのみ)。

背面

スピーカーユニットは、133mm径ウーファー(125W)2基、25mm径ツイーター(25W)2基、100mm径ミッドレンジ(50W)を組み合わせた5ユニット(総合350W)構成。マルチアングルバッフルに配置されたそれらの各ユニットをそれぞれ独立したDSP制御およびパワーアンプ駆動によってドライブさせている。さらに、独自の「サウンドフィールド・エキスパンダー」技術により広く均一な音場を作り出し、1ボックスシステムとは思えないほど、迫力あるサウンドで部屋中を満たしてくる。

本機のデザインは、「JBL L-Classic」シリーズを踏襲しており、ウォールナット天然木突板仕上げのキャビネットとマグネットによる着脱式を採用した個性的なQuadrexフォームグリルを採用し、モダンクラシックなデザインを高品質に実現している。

設置イメージ

本体サイズは、幅790mm、高さ216mm、奥行き287mm、重さは15.9kg。対応コーデックは、AAC、AIFF、ALAC、DCD(PCM変換)、FLAC、MP3、OGG、WAV、WMA。

※価格は記事作成当時のものです。

家電・AVスピーカー
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース