Hondaは、SUVの新型モデルとして「ZR-V」を2023年の春に発売予定だ。本車両は、SUVのドライブ体験を一新しており、快適なドライビングのために、高いアイポイントと低い運転姿勢を両立したことで、これまでSUVでは味わえなかった、一体感のあるドライビングを実現したモデルとなっている。

Honda
ZR-V

●価格:未発表(記事作成時)

Hondaは、コンパクトSUVの新型モデルとして「ZR-V」を2023年の春に発売予定だ。本車両は、SUVのドライブ体験を一新しており、快適なドライビングのために、高いアイポイントと低い運転姿勢を両立したことで、これまでSUVでは味わえなかった、一体感のあるドライビングを実現したモデルとなっている。

画像1: Honda ZR-V

本車両のデザインは、スマートでエレガントなデザインを採用しており、フロントからリアへ流れるような大きく滑らかな面が特徴のプロポーションとなっている。フロントフェイスは、周辺と調和する縦長のグリルと水平に流れるシャープな印象のワイドセットヘッドライトの採用により、非常に洗練された表現ながら、重厚で存在感のあるデザインとなっている。

画像: 縦長のグリルとワイドセットヘッドライトの採用で、重厚で存在感のあるデザインになっている。

縦長のグリルとワイドセットヘッドライトの採用で、重厚で存在感のあるデザインになっている。

ボディ後部は、ボディ下部にボリュームを持たせることでワイドトレッドを強調し、スイープ感のある滑らかなフォルムを実現。

画像: ボディ下部にボリュームを持たせることでワイドトレッドを強調している。

ボディ下部にボリュームを持たせることでワイドトレッドを強調している。

イオンテリアデザインは、水平方向に超苦戦的に伸びるインストルメントパネルのさいようにより、広々とした室内空間を可能としている。また、フォルムの美しさを際立たせる機能的かつ緻密な仕上げを各部に施し、1クラス上の上質な室内空間に仕上がっている。さらに、ハイデッキとなるセンターコンソールがフロントシートを分離し、運転席と助手席のパーソナルスペースを作り出している。

画像: ハイデッキのセンターコンソールがフロントシートを分離している。

ハイデッキのセンターコンソールがフロントシートを分離している。

低く安定したドライビングポジションと見晴らしの良い視界を両立させることで、運転のしやすさとクルマとの一体感を高めたパッケージングデザインとし、リアビューは、水平で広い前方視界に加え、後方の車両や歩行者などの視認性を高め、運転中の優れた視認性を追求している。

後席も、前席同様にヒップポイントを低く設定することで、ルーフエンドの自由度を高め、流れるようなデザインのルーフラインと空力性能の向上を両立させている。

本車両に搭載されるパワートレインは、ハイブリッドモデルには、シビックe:HEVと同じ2リッター直噴エンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しており、ドライバーに呼応する加速感を体感できる。アクセル操作に応じて、エンジンを速やかに始動し発電、高レスポンスの加速を実現する「ダイレクトアクセル」と、走行状況に応じてエンジン回転数やモータートルクを高精度に制御する「リニアシフトコントロール」を採用している。

画像: e:HEV搭載モデル

e:HEV搭載モデル

一方、内燃機関のモデルも用意しており、1.5リッターVTEC ターボエンジンを搭載しており、レスポンスのいいスポーティな走りを実現している。

ハイブリッド車、ガソリン車ともに、リアルタイムAWDを適用しており、優れた旋回性能と雪道と半性能を可能とし、より安心して雪道を走行することができる。

また、4つの異なる加速感を楽しめるドライブモードスイッチを搭載。ドライブシーンに合わせて4つのモードから選択可能で、NORMALモード、ECONモード、SPORTモードのほか、雪上を安定活パワフルに走行できるSNOWモードも搭載している。

画像2: Honda ZR-V
画像: 写真左は、e:HEV搭載車のセンターコンソール、写真右は、ガソリン車のセンターコンソール。e:HEV搭載車には、シフトレバーがなく、ドライブモードのセレクトは、ボタンセレクトになっている。

写真左は、e:HEV搭載車のセンターコンソール、写真右は、ガソリン車のセンターコンソール。e:HEV搭載車には、シフトレバーがなく、ドライブモードのセレクトは、ボタンセレクトになっている。

安全運転支援システム「Honda SENSING」も全車に搭載しており、衝突軽減ブレーキ(CMBS)mアダプティブドライビングビームのほか、誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能など、さまざまな先進運転支援により、安心して、ドライブを楽しむことができる。

タイプ別にはなるが、ヘッドライト点灯時にステアリングやウィンカー操作に連動して、曲がろうとする方向の内側の路面を照らす「LEDアクティブコーナリングライト」やクルマを上空から見下ろしたように路面を映し出す「グラウンドビュー」、滑りやすい路面や荒れたと綿、急勾配の下り坂でもボタン一つで約3km/hから20km/hの低速間で設定された速度をキープする「ヒルディセントコントロール」などを装備(タイプ別)している。

Honda:「ZR-V」 の公式サイト
実車を見たい方:「特別先行展示開催中」

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.