①スマートホーム
玄関ドアや窓シャッターなどの建材とAIスピーカーを連係させるシステム

エアコンや冷蔵庫、照明といった生活家電を中心として、IoT対応の製品やサービスが続々と増えているが、その動きをさらに加速させそうなのが、住宅建材関連の最大手であるLIXILがこの春開始するサービス。

同社が「これからの住まい」として提唱するのは、生活家電はもちろん、玄関ドアやシャッター、給湯設備やセキュリティカメラなどをAIスピーカーやスマホによってコントロールするシステムだ。

構築にはホームコントローラーとリンクコントローラーが必要で、これを自宅のWi-Fiに接続し、それぞれのIoT機器を操作。用途に応じたパッケージ商品として、2018年4月に発売開始となる。

LIXIL
これからの住まい
2018年4月発売予定

GoogleやAmazonのAIスピーカーと連係して家電や建材などの操作が可能になるという。

利用家庭にLIXILから提供されるホームコントローラー(上)とリンクコントローラー(下)。自宅のWi-Fiネットワークに接続する。

②宅配ボックス
開閉通知機能付き宅配ボックスをセットにしたオプションサービスを「NURO 光」がスタート

ネット通販の利用が急拡大する中で、宅配便の受け取りは重要な問題になっているが、この分野にもIoTの流れがやってきた。

「NUROスマートホームスタートプラン」は、不在時に宅配便の荷物を受け取ることができる宅配ボックスサービス。

システムには宅配ボックスのほかに宅内に設置するスマートハブと、宅配ボックス内に入れるスマートタグが必要。ボックスが開閉されるとスマホに連絡が届く仕組みだ。

初期費用は9800円、月額費用は1980円、宅配ボックスは3万6000円(すべて税抜き)となる。宅配ボックスは盗難防止のためにチェーンで固定する工事が行われる。

ソニーネットコミュニケーションズ
NURO スマートホームスタートプラン
利用料:1980円/月ほか

宅配ボックスサイズ(内寸):幅350㎜×高さ350㎜×奥行き420㎜

スマートタグはボックスの開閉を感知するほか、ボックス自体の盗難時にも通知を発信する。

③電源プラグ
リモコンが付属していない家電をスマホでオン/オフができるようにするIoTプラグ

さまざまな家電をIoT化するプラグが「ePlug」。

家電製品とコンセントの間にこのアイテムを挟み込むだけで、家の中はもちろん、外出先からでもスマホを使って家電の電源のオン/オフやタイマー設定が可能になる。

さらに、複数のePlugを用意して、複数台の家電の操作をスマホアプリで一括管理できるほか、計測機能付きモデル(ePlug-B1)であれば、時間、日、月、年単位で消費電力をモニタリングすることも可能だ。

リンクジャパン
ePlug
実売価格例:4260円(「Makuake」でクラウドファンディング受付中)
https://www.makuake.com/project/eplug/

加湿器やケトル、コーヒーメーカー、電気スタンド、間接照明など、リモコンのない家電のコントロールを可能にする。

外出先からスマホアプリを使ってコントロールすることもできるので、うっかりの消し忘れなどにも対応できる。

●電源:AC100〜125V 、50/60Hz●最大負荷値:15A●通信:Wi-Fi(2.4GHz帯)●サイズ:幅55㎜×高さ53㎜

解説/編集部

This article is a sponsored article by
''.