電車に乗ってスマホを使っていて、突然、ネットにつながらなくなったことはないだろうか。リンクを押してもページが表示されなかったり、メールが送れなかったりして、戸惑った経験を持つ人も多いのではないだろうか。実は、その原因は、Wi-Fiなのかもしれない。

遅いフリーWi-Fiがつながらなくなる原因?

スマホのWi-Fi機能は、一度でも接続設定(SSIDとパスワードの入力)をしたWi-Fiを見つけると、自動的に接続するようになっている。そのため、駅のフリーWi-Fiを利用した実績があると、再びその場所を訪れたとき、自動的にフリーWi-Fiに接続されてしまうのだ。

接続されたフリーWi-Fiに十分な速度があればいいが、利用者が多かったり、Wi-Fiルーターとの距離が遠かったりすると、極端に速度が低下することが多い。その場合、メールが送れなかったり、ウエブサイトが表示されなかったり、動画が見られなかったりという事態に陥るわけだ。こうなったときは、まず、手動でWi-Fiをオフにし、モバイル回線通信に切り替えるといい。
 
そして、次の手段として、遅いフリーWi-Fiの設定を削除してしまおう。iPhoneでもAndroidでも、遅いWi-Fiに接続された状態で、そのSSIDの設定を開き、設定の「削除」をタップすればいい。削除してしまえば、以降は自動接続されなくなる。

●遅いフリーWi-Fiは削除しよう

iPhone

駅などで、自動接続されるWi-FiのSSIDを開き、「このネットワーク設定を削除」をタップする。

Android

Wi-Fi設定画面で、接続設定の削除が可能。SSIDが表示されていれば削除の操作ができる。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.