毎月、おもしろい、ユニークなサービスやアイテムが続々と登場してくるが、それらの中から、今、特選街編集部が注目した5つの「旬ネタ」を紹介しよう。

深澤直人氏がデザインを手がける携帯電話・INFOBARの15周年モデルが今秋発売

au
INFOBAR xv
価格:未定

画像: サイズは幅48ミリ×高さ138ミリ×奥行き14.0ミリ (暫定値)、重量は未定。カラーはNISHIKIGOI、NASUKON、CHERRY BERRYの3色展開。

サイズは幅48ミリ×高さ138ミリ×奥行き14.0ミリ (暫定値)、重量は未定。カラーはNISHIKIGOI、NASUKON、CHERRY BERRYの3色展開。

プロダクトデザイナーの深澤直人氏によるデザインで、2003年に発売され、携帯電話のデザインに革新をもたらしたINFOBAR。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品にも選定されている同シリーズの初代発売15周年を記念して、再び深澤氏がデザインを手がけたのが、今秋発売が決定した「INFOBAR xv」だ。

最大の見どころは、歴代で目指しながらも実現できなかったフレームレステンキーの採用。フチなしの10キーがまるでタイルのようにフラットに並ぶ美しさは、初代のコンセプトデザインを15年の技術の進化で具現化できたものだという。

デザインだけでなく、3.1型のWVGA液晶、800万画素のカメラ、テザリング機能、LINE、+メッセージなど、機能面も充実。さらに、スマホと連係させることにより、GoogleアシスタントやSiriを使うことも可能だ。この秋、ケータイファンならずとも、実に楽しみな製品となっている。

着用しているだけで生地の反発が体に負荷をかけるトレーニングスーツ

MTG
SIXPAD Training Suit
実売価格例:1万9224円(Short Sleeve)/2万520円(Long Sleeve)

画像: ロングスリーブとショートスリーブタイプがある。ロングスリーブタイプは二の腕を補正する。

ロングスリーブとショートスリーブタイプがある。ロングスリーブタイプは二の腕を補正する。

バッキバキに割れたクリスティアーノ・ロナウド選手の腹筋の強烈なコマーシャルイメージで、EMS(筋電気刺激)トレーニング機器の新時代を開いたSIXPAD。そんなSIXPADブランドに、上半身トレーニング用のボディスーツが加わった。

ラインアップには、ショートスリーブ(半袖)タイプとロングスリーブ(長袖)タイプがあり、それぞれ着用して腕を前に動かすだけで生地の反発が大胸筋にアプローチ。筋肉の活動レベルを約1.3倍に高めることによって、着用者の動きに適度な負荷をかけることができる。

いずれも、着用することによって胸が開き、正しい姿勢をサポートしてくれるほか、ロングスリーブタイプは着圧による二の腕の補正機能も備える。 

画像: Short Sleeve

Short Sleeve

画像: Long Sleeve

Long Sleeve

靴のいやなニオイを微粒子イオン「ナノイーX」の効果で手軽にケアできる靴専用脱臭機

パナソニック
MS-DS100
実売価格例:2万1380円

微粒子イオン「ナノイーX」の効果で、靴のいやなニオイを分解脱臭するのが、パナソニックから発売された靴脱臭機「MS-DS100」。運動靴、スニーカー、革靴、パンプスなどにセット可能で(ブーツや長靴は不可)、六つの吹き出し口から出るナノイーXが、かかとからつま先まで、靴の中に行き渡り、いやなニオイをケアしてくれる。

通常モードは5時間、ロングモード(特にニオイが気になるとき)は7時間運転。コンセントのほか、モバイルバッテリーでの駆動にも対応する。コンパクトな設計もうれしい。

画像: ナノイーXがつま先まで行き渡る

ナノイーXがつま先まで行き渡る

日常、レジャーから災害時まで、一年中を通じて役立つ! 危機管理のプロである自衛隊に伝わるノウハウを伝授

防衛省 陸上幕僚監部 人事教育部 募集・援護課
LIFEHACKチャンネル2

画像: 自衛隊ならではのライフハックは、有事だけでなく日常生活にも役立つ情報がいっぱい。

自衛隊ならではのライフハックは、有事だけでなく日常生活にも役立つ情報がいっぱい。

自衛隊といえば、平常時から緊急時まで、あらゆる局面においての危機管理に長けたプロ中のプロ。そんな自衛隊に伝わる「いざというときに役立つ知識やノウハウ」を、動画付きでたっぷりと教えてくれるサイトが「自衛隊LIFE HACK CHANNEL」。昨年開設されて反響を呼んだこのサイトのシーズン2が8月よりスタートしている。

今回はまず、「服を着たまま落水してしまったら?」などの独自の水泳上達法を公開。そのほかにも「自衛隊式ダイエット法!?」や「意外とキツい!? 自衛隊体操」などのコンテンツ公開が予告されている。

文/編集部

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.