発売されたばかりのデノン・800NEシリーズで構成するエントリーシステム。CD専用プレーヤーのDCD-800NEとプリメインアンプのPMA-800NEは、スリムでかっこよく、新しい世代の操作フィーリングとサウンドが味わえる。また宝石のような、ステキな超小型スピーカーが欲しい。それならオーディエンスのThe One V2+。そしてミニスピーカーをレトロに楽しむコンポセットなど、AV評論家の林 正儀オススメセットをどうぞ。

エントリーシリーズでまとめたコンポセット
デノンの入門機で新世代のサウンドを味わう
合計価格:23万320円

発売されたばかりのデノン・800NEシリーズで構成する入門システムだ。CD専用プレーヤーのDCD-800NEとプリメインアンプのPMA-800NEは、スリムでかっこよく、新しい世代の操作フィーリングとサウンドが味わえる。

ライバルのマランツがクラスDアンプに大きく舵を切る中、デノンは伝統のアナログアンプ(シングルプッシュプル回路)で音を磨くという戦略だ。PMA-800NEは、50ワット×2の小出力ながら、ドライブ力に余裕があり、フロアスタンド型スピーカーを悠々と鳴らすことができる。

組み合わせるスピーカーには、エラックのエントリーモデル、Debut2.0 F5.2がピッタリだ。世界的技術者、アンドリュー・ジョーンズ氏の自信作で、800NEシリーズとも相性がいい。低音域まで力強く伸びた、スムーズかつ快活なサウンドが好印象。先々の発展としては、同じ800NEシリーズのネットワークプレーヤー、DNP-800NEの追加がおすすめ。

スピーカー(ドイツ)
エラック
Debut F5.2
実売価格例:12万1500円(ペア)

画像: 人気シリーズDebutのリファインモデルだ。フロア型の3ウエイ機で、ユニットを一新。豊かな音場再現が魅力。 ●幅180㎜×高さ1016㎜×奥行き234㎜●15.6㎏(1本)

人気シリーズDebutのリファインモデルだ。フロア型の3ウエイ機で、ユニットを一新。豊かな音場再現が魅力。
●幅180㎜×高さ1016㎜×奥行き234㎜●15.6㎏(1本)

アンプ(日本)
デノン
PMA-800NE
実売価格例:5万9270円

画像: 800NEシリーズのプリメインアンプで、MM/MCのフォノ入力からデジタル入力まで幅広くこなす。出力は50ワット×2。 ●幅434㎜×高さ122㎜×奥行き307㎜●7.5㎏

800NEシリーズのプリメインアンプで、MM/MCのフォノ入力からデジタル入力まで幅広くこなす。出力は50ワット×2。
●幅434㎜×高さ122㎜×奥行き307㎜●7.5㎏

CDプレーヤー(日本)
デノン
DCD-800NE
実売価格例:4万9550円

画像: 800NEシリーズのCDプレーヤー。アナログ波形再現技術など伝統のワザを満載。ハイレゾ音源のUSBメモリー再生も可能。 ●幅434㎜×高さ107㎜×奥行き275㎜●4.5㎏

800NEシリーズのCDプレーヤー。アナログ波形再現技術など伝統のワザを満載。ハイレゾ音源のUSBメモリー再生も可能。
●幅434㎜×高さ107㎜×奥行き275㎜●4.5㎏

プライベートオーディオ向きのコンポセット
超小型スピーカーを軸にシンプルを極める
合計価格:64万2600円

宝石のような、ステキな超小型スピーカーが欲しい。それならオーディエンスのThe One V2+だ。1ウエイ1スピーカー、パッシブラジエーター付きというユニークな構成で、ユニットは3インチの高性能フルレンジ、A3S2-16ドライバーである。キャビネットにウーハーもツイーターも、もちろんクロスオーバーネットワークもない。究極のシンプルさが潔く、マニアにも評判だ。

とくれば、大型のプレーヤーやアンプは似合わない。CDプレーヤーは同じ米国ニュープライムのCDP-9がデザイン的にもピッタリ。幅235ミリのコンパクトさながら、サンプリングレートコンバーターを搭載し、USB DACとプリアンプ機能も備える実力機だ。これを英国のオーディオラボ・8300Aと組もう。自然で上質な聴き心地が楽しめるスリムなプリメイン。パワーアンプとしても使えるから、DAC/プリのCDP-9とベストマッチなのだ。ズバリ、プライベートオーディオ向きである。

スピーカー(アメリカ)
オーディエンス
The One V2+
実売価格例:18万9000円(ペア)

小型高性能スピーカーだ。チタン合金の3インチドライバーとパッシブラジエーターを搭載。台座はオプションとなる。
●幅140㎜×高さ180㎜×奥行き180㎜●1.8㎏(1本)

アンプ(イギリス)
オーディオラボ
8300A
実売価格例:19万4400円

画像: 英国の粋を感じさせるスリムなプリメイン。大容量のトロイダルトランス電源を搭載し、出力は70ワット×2。 ●幅444㎜×高さ80㎜×奥行き330.3㎜●7.8㎏

英国の粋を感じさせるスリムなプリメイン。大容量のトロイダルトランス電源を搭載し、出力は70ワット×2。
●幅444㎜×高さ80㎜×奥行き330.3㎜●7.8㎏

CDプレーヤー(アメリカ)
ニュープライム
CDP-9
実売価格例:25万9200円

画像: DAC/プリアンプ内蔵の小型CDプレーヤーだ。高解像度ですっきりした音調を楽しませる。 ●幅235㎜×高さ55㎜×奥行き281㎜●2.3㎏

DAC/プリアンプ内蔵の小型CDプレーヤーだ。高解像度ですっきりした音調を楽しませる。
●幅235㎜×高さ55㎜×奥行き281㎜●2.3㎏

ミニスピーカーをレトロに楽しむコンポセット
懐かしくシックなタンノイを真空管で鳴らす
合計価格:91万380円

タンノイを真空管アンプで鳴らしたい。オーディオに懐かしさやシックさ求めたいという要望は、意外と根強い。

そこでおすすめしたいのが、タンノイのオートグラフミニ/GRを主役としたシステムだ。サイズこそ小さいが、名機オートグラフを彷彿とさせるコーナー型エンクロージャーに、伝統の同軸2ウエイユニットを搭載。豊かで落ち着きのあるサウンドが人気である。今回の復活のポイントは、エンクロージャーを含め、スコットランドでの完全自社生産に踏み切った点。GRシリーズらしく、ハンドメイドの高級ウオールナット仕上げとなっている。

そして、アンプはトライオードのTRV-A300XRがいい。8ワット×2の小出力ながら、名球の300Bがゆとりを持ってドライブしてくれる。CDプレーヤーはラックスマンのD-380をチョイス。本機は、半導体回路か真空管回路か、シャープかまったりかを、スイッチで選んで再生できるのが売りだ。音調の違いを楽しめる。

スピーカー(イギリス)
タンノイ
オートグラフミニ/GR
実売価格例:36万9360円(ペア)

画像: 名機オートグラフのミニバージョンだ。GRエディションとして復活したもので、10センチの同軸ユニットは自社生産。 ●幅209㎜×高さ356㎜×奥行き156㎜●4.4㎏(1本)

名機オートグラフのミニバージョンだ。GRエディションとして復活したもので、10センチの同軸ユニットは自社生産。
●幅209㎜×高さ356㎜×奥行き156㎜●4.4㎏(1本)

アンプ(日本)
トライオード
TRV-A300XR
実売価格例:24万3480円

画像: 名球300Bの魅力をシンプルに引き出すA級シングルアンプだ。定格出力は8ワット×2で、入力はMMフォノ1系統、ライン3系統。 ●幅345㎜×高さ195㎜×奥行き320㎜●17㎏

名球300Bの魅力をシンプルに引き出すA級シングルアンプだ。定格出力は8ワット×2で、入力はMMフォノ1系統、ライン3系統。
●幅345㎜×高さ195㎜×奥行き320㎜●17㎏

CDプレーヤー(日本)
ラックスマン
D-380
実売価格例:29万7540円

画像: 木箱ケース入りのCD専用プレーヤー。回路は半導体と真空管のハイブリッドで、切り替え機能も搭載。レトロな味わいだ。 ●幅440㎜×高さ167㎜×奥行き286㎜●10.8㎏

木箱ケース入りのCD専用プレーヤー。回路は半導体と真空管のハイブリッドで、切り替え機能も搭載。レトロな味わいだ。
●幅440㎜×高さ167㎜×奥行き286㎜●10.8㎏

ピエガの優美さを引き出すコンポセット
スタイリッシュな3台で透明感のあるサウンド
合計価格:108万5400円

「レマン湖の霧が晴れたような」と、例えられるスイスブランドのピエガ。その特徴は超軽量なリボン型ユニットと、アルミニウム製エンクロージャーだ。シンプルで優美なデザインで音楽を再生するという、ピエガの一貫したポリシーが素晴らしい。Premium501は、美しいアルミ製エンクロージャーをまとった現代的な2.5ウエイスピーカーだ。ピエガならではの透明感や分解能、優美なサウンドをどう引き出すのかが、システム構成のポイントだろう。

アンプに起用したのは英国Auraのspirit。顔が映るクロームのフェースパネルがAuraの象徴的な外観で、音の素性がいい。最大出力は150ワット×2で、余裕のドライブ力だ。真空管テイストな暖かみのあるサウンド。女性ボーカルのつやっぽさをピエガから引き出したい。

CDプレーヤーのクリーク・EVOLUTION 50CDともナイスマッチで、軽快なスロットイン動作とともに、音調のみずみずさを味わおう。

スピーカー(スイス)
ピエガ
Premium 501
実売価格例:59万4000円(ペア)

画像: 中級シリーズが匠の技でリニューアル。ユニットを改良し、アルミエンクロージャーの強度を高めた2.5ウエイのトールボーイ。 ●幅240㎜×高さ1045㎜×奥行き230㎜(スパイク時)●23㎏(1本)

中級シリーズが匠の技でリニューアル。ユニットを改良し、アルミエンクロージャーの強度を高めた2.5ウエイのトールボーイ。
●幅240㎜×高さ1045㎜×奥行き230㎜(スパイク時)●23㎏(1本)

アンプ(イギリス)
Aura
spirit
実売価格例:27万2160円

画像: スタイリッシュなプリメインアンプ。出力段に日立MOSFETを搭載して、しなかやで暖かみのあるサウンドを再生する。 ●幅430㎜×高さ75㎜×奥行き380㎜●13.5㎏

スタイリッシュなプリメインアンプ。出力段に日立MOSFETを搭載して、しなかやで暖かみのあるサウンドを再生する。
●幅430㎜×高さ75㎜×奥行き380㎜●13.5㎏

CDプレーヤー(イギリス)
クリーク
EVOLUTION 50CD
実売価格例:21万9240円

画像: EVOLUTIONシリーズのCD専用プレーヤー。左側にスロットインメカを搭載。スタイリッシュかつ多機能な英国製。 ●幅430㎜×高さ60㎜×奥行き280㎜●5.5㎏

EVOLUTIONシリーズのCD専用プレーヤー。左側にスロットインメカを搭載。スタイリッシュかつ多機能な英国製。
●幅430㎜×高さ60㎜×奥行き280㎜●5.5㎏

解説/林 正儀(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.