Android OSを搭載したDLP方式のモバイルプロジェクター。サイズは350ミリリットル缶と同じサイズながら、バッテリーを内蔵。Wi-Fiも搭載しており、単独で「YouTube」などのネット動画を再生することができる。

アンカー
Anker Nebula Capsule Pro
実売価格例:4万7550円

画像: 350ミリリットル飲料缶とほぼ同じサイズで、バッテリー、Wi-Fi、ブルートゥースを内蔵。完全ワイヤレスで高画質な大画面映像が楽しめる。

350ミリリットル飲料缶とほぼ同じサイズで、バッテリー、Wi-Fi、ブルートゥースを内蔵。完全ワイヤレスで高画質な大画面映像が楽しめる。

バッテリー内蔵なので、ワイヤレス投映が可能

充電器やモバイルバッテリーなどで定評のあるアンカー製のモバイルプロジェクター。名称に「Pro」がつかない兄弟機も発売されているが、それと比較すると、輝度が100ルーメン→150ルーメン、メインメモリーが1Gバイト→2Gバイト、内蔵ストレージが8Gバイト→16Gバイトに強化されている。なぜメインメモリーや内蔵ストレージが搭載されているかというと、本機にはAndroid OSが搭載されているから。バッテリー内蔵なので、単体でネット動画を完全ワイヤレスで投映することができる。初期設定は、ほぼWi-Fi設定のみ。付属リモコンでWi-FiルーターのSSIDを選択し、パスワード(暗号化キー)を入力すれば完了する。

出荷状態で、「YouTube」「ビジネスオンデマンド」「Netflix」のアプリがインストールされている。専用のアプリストアも用意されているので、アプリ追加も可能だ。

「YouTube」にアクセスして動画を再生してみると、このサイズのプロジェクターとしてはトップクラスの高画質。解像度は854ドット×480ドットなので、テレビと比べると数値的には物足りないが、実際の映像は、エッジもシャープで発色もよく、文字もしっかり読み取れる。動きの速い映像もチラつかずスムーズに表示された。

■本体の上面で操作が可能

画像: 本体上面の操作部で、電源、音量調整、ブルートゥースのスピーカーモード、プロジェクターモードの切り替えができる。

本体上面の操作部で、電源、音量調整、ブルートゥースのスピーカーモード、プロジェクターモードの切り替えができる。

明るい部屋でもOK。スピーカーも高音質

投映距離と画面サイズは、58センチから3.08メートルで、約20〜100型。画面の明るさは、モバイルプロジェクターとしては明るいほうで、昼間でも、部屋の明かりを消せば、カーテンが開いていても十分実用レベルで楽しめる。内蔵の360度スピーカーも高音質で、かなりの大音量でもクリアに聴けた。内蔵バッテリーで、約4時間使用できる。

ブルートゥースを搭載し、スマホとの連係も可能。スマホに専用アプリをインストールすれば、自分で撮影した動画などを再生することができる。HDMI端子も搭載しているので、パソコンやHDDレコーダーなどの映像も楽しめる。

■58センチの距離で20型を投映

画像: 最短58センチの投映距離で約20型の画面サイズとなる。メインメニューには、動画サービスのアプリが並んでいる。

最短58センチの投映距離で約20型の画面サイズとなる。メインメニューには、動画サービスのアプリが並んでいる。


バッテリー内蔵タイプながら、コンパクトで軽量。高画質で高音質と、基本性能も高い。設置や設定が簡単で、初心者でも安心して使える。

×
現状、Googleにログインする機能がないので、「YouTube」で「お気に入り」が使えないなど、アプリの使い勝手はいま一つだ。

SPEC●OS/Android7.1●解像度/854ドット×480ドット●輝度/150lm●メモリー/2GB●内蔵ストレージ/16GB●端子/HDMI、MicroUSB●通信/Wi-Fi:IEEE
802.11a/b/g/n、Bluetooth:ver4.2●サイズ/幅68㎜×高さ120㎜×奥行き68㎜●重量/470g

解説/福多利夫 (フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.