買うなら、みんなが選ぶ人気車。でも、人気車は街ですれ違う確率も高くなる。そこで、ちょっとだけ違うスタイルのクルマに乗りたいと感じる人も多いと思う。みんなが選んでいるので安心、でも個性的という相反する要求に応える2トーンカラーの設定がある特別仕様車2車をお届けする。(特選街web編集部)
画像: シルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したエンブレムを採用。

シルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したエンブレムを採用。

オシャレな2トーンカラーのスズキの軽アルトラパン「モード」

買うなら、みんなが選ぶ人気車。でも、人気車は街で人とはすれ違う確率も高くなる。そこで、人とはちょっとだけ違うスタイルのクルマに乗りたいと思う人も多いと思う。みんなが選んでいるので安心、でも個性的という相反する要求に応える2トーンカラーの特別仕様車2車をお届けする。

まずスズキ・アルトラパンに設定された特別仕様車「モード」。

インテリアではシート表皮、ドアトリムとフロアマットをネイビー調で統一。木目柄を取り入れたインパネを採用。エクステリアではメッキのフロントグリル、シルバーとホワイトの2トーンに塗り分けたフルホイールキャップ、ブルーのアクセントカラーを施したエンブレムを採用。ボディカラーはモノトーン5種類、ホワイト2トーン3パターン、全8パターンが設定されている。ホワイト2トーンは4万3200円高となる。

そしてススギの予防安全技術「スズキセーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」を標準装着。他ナノイー搭載フルオートエアコン、助手席シートヒーターが2WD車にも標準装着される。

660ccDOHCエンジンにスムーズな変速を特徴とするCVTの設定。価格は135.324/145.26万円(2WD/4WD)。モードを名乗るように、オシャレな仕様で注目の特別仕様車だ。

スペシャルティ感がハンパないトヨタC-HR「G-T Mode-Bruno」

画像: 1.2Lターボ/1.8Lエンジンで2WDと4WDの設定で、価格は266.52万円~297.92万円。

1.2Lターボ/1.8Lエンジンで2WDと4WDの設定で、価格は266.52万円~297.92万円。

次はトヨタC-HR 「G-T Mode-Bruno」。G-T Mode-Brunoは内装をブラウン基調とし、シート、運転席前面の一部にダークサドルタンというブラウン系を配色。ボティ色には同系色のブラウンとホワイトの2トーンのカラー設定がある。

そして何しろ名前にG-Tだ。トヨタでG-Tを名乗られたら、2000GT、セリカ、ソアラなど「歴代グランドツーリングスポーツの系譜」をイメージしてしまう。こちらもModeの名称が仕様名に入る。

画像: シート、運転席前面の一部にダークサドルタンというブラウン系を配色。

シート、運転席前面の一部にダークサドルタンというブラウン系を配色。

その他バックカメラとリヤクロストラフィックアラートを装備して、バック時の安全運転をサポート。などとにかく名前に負けないスペシャルティ感がハンパない。

ちなみに「G Mode-Nero」という内装をブラック基調でまとめ、モノトーンの特別仕様車も同時に発売されている。1.2Lターボ/1.8Lエンジンで2WDと4WDの設定で、価格は266.52万円~297.92万円。

リリース元/スズキ、トヨタ自動車

This article is a sponsored article by
''.