BS/110度CSを使った新4K8K衛星放送がスタートした。すでに4Kテレビを持っている人ならば、対応する4Kチューナーや衛星アンテナを用意すれば視聴が可能だ。しかしその一方で、多くの人が手軽に楽しんでいる「地デジ放送」の4K化は、いつ開始されるのだろうか。疑問に答えよう。

地デジの4K放送、開始はいつ?

2018年12月1日から、BS/110度CSを使った衛星放送で4K8K放送がスタートした。

視聴するには、新4K8K放送に対応した4Kまたは8Kテレビ、または4K放送チューナーが必要。
さらに、受信のためには、「SHマーク」のある受信用アンテナや、ブースター、分配器などが必要になる。

画像: BS機器を買うならSHマーク付きを

BS機器を買うならSHマーク付きを

だが、これまでのBS/110度C放送(2K)を受信・視聴ができている環境であれば、一部のチャンネル(NHKおよび民放4チャンネル)は視聴が可能だ。

肝心の地デジの4K放送だが、こちらには変更はなく現状のまま。今までどおりのハイビジョン(2K)放送が継続される。

なぜ地デジは4K放送にならない?

画像: なぜ地デジは4K放送にならない?

地デジ放送は、テレビ放送の中心となるもので、多大な費用をかけずに誰でも手軽に視聴できるもの。天気予報やニュースはもちろん、地震や津波といった災害情報、政府からの重要なお知らせなどを多くの人に届ける役割がある。

仮に、地デジ放送が4K放送に変わってしまうと、2011年のアナログ地上波放送の終了のときのように、すべての家庭でテレビを買い替える必要があり、大きな混乱が生じてしまう。

このため、地デジ放送はこれからも現状のハイビジョン放送(2K)のまま。
ある日突然に地デジ放送が見られなくなってしまう、というようなことは起こらないので安心してほしい。

4K放送は綺麗に映る?

画像: ソニー SONY 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75X8500F。4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上させるそれぞれの高画質機能をより細かくコントロール www.amazon.co.jp

ソニー SONY 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75X8500F。4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上させるそれぞれの高画質機能をより細かくコントロール

www.amazon.co.jp

現在、大画面テレビは4K解像度の表示パネルを持った4Kテレビが主流となっている。

地デジ放送などは、テレビ側でおよそ4倍にアップコンバート表示しているが、4Kテレビの性能をフルに活かしているとは言いにくい状態だ。

放送局からの放送信号自体が4Kとなれば、映像の情報量が4倍となり、より高精細な映像が楽しめるようになる。

また、4K放送では、肉眼で見るのに近い「強い光の表現」を可能にするHDR技術や、豊かな色を再現する「広色域規格」なども採り入れられているので、よりリアルな映像が楽しめるようになるのだ。

これまでの放送(2K)と新4K衛星放送で、違いはあるの?

画像: 4Kと2Kの精細度比較イメージ(出典:wowow) corporate.wowow.co.jp

4Kと2Kの精細度比較イメージ(出典:wowow)

corporate.wowow.co.jp

新4K衛星放送は、BS民放のチャンネルでサイマル放送(同じ時間帯に同じ番組を異なるチャンネル・放送媒体で放送すること)となっており、同じ番組を、これまでのBS/110度CS放送では2K、新4K衛星放送では4Kで放送されている。

チャンネルを切り替えれば画質の違いを確認できる。
その差は誰が見ても明らかなもので、高精細で豊かな色の映像は同じ番組とは思えないほど。それ以外の面では大きな違いはない。

視聴料も、NHKの受信料はすでに衛星放送を見ている人ならばそのまま視聴できるし、BS民放のチャンネルは無料放送だ(このほか、チャンネルごとに契約が必要な有料放送もある)。

画像: 4Kとフルハイビジョンの違い(出典:wowow) corporate.wowow.co.jp

4Kとフルハイビジョンの違い(出典:wowow)

corporate.wowow.co.jp

まとめ 

4Kテレビの普及が進んできている現在、テレビ放送も4K化することで、より高画質な番組を楽しめるようになることはありがたいことだ。

2020年の東京オリンピックも、4Kや8Kカメラで収録されるので、より臨場感にあふれる映像でスポーツの祭典を楽しめるようになる。すでに4Kテレビを所有しているならば、ぜひとも新4K衛星放送を見てほしい。

地デジ放送は残念ながら、今のところ4K化の予定はないが、逆に言えばテレビの買い換えを強制されるようなこともないので、心配はない。

◆鳥居一豊
オーディオ、AVの分野で活躍するAVライター。専門的な知識をわかりやすく紹介することをモットーとしている。自らも大の映画・アニメ好きで自宅に専用の視聴室を備え、120インチのスクリーン、有機ELテレビなどを所有。サラウンド再生環境は6.2.4ch構成。

This article is a sponsored article by
''.