Windows10は、原則としてアプリのダウンロードやインストール時に通知が出るので、身に覚えがない操作に対してはキャンセルや拒否をすることで、怪しいアプリのインストールを防ぐことができる。より強固な対策をするならば、マイクロソフトが安全性を確認したアプリしかインストールできないように設定を変更するといい。

怪しいアプリのインストールを防ぎたい

身に覚えがないアプリのインストールはしない

Windows10は、原則としてアプリのダウンロードやインストール時に通知が出るので、身に覚えがない操作に対してはキャンセルや拒否をすることで、怪しいアプリのインストールを防ぐことができる。

被害を防ぐためアプリの供給元を限定する

より強固な対策をするならば、マイクロソフトが安全性を確認したアプリしかインストールできないように設定を変更することもできる

Windows10に装備されるアプリストア機能「Microsoft Store」に収録されているアプリは、すべてマイクロソフトが安全性をチェックした「UWP」(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリである。「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」で、アプリのインストールを「Microsoft Storeのアプリのみ許可する」に変更すれば、Microsoft Store以外のサイトからアプリをインストールすることができなくなる。

こうしておけば、ユーザーが意図しないアプリが自動的にインストールされようとした場合も、ブロックされるので安心だ。

「Microsoft Storeのアプリのみ許可する」に変更する

画像: 「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」で、インストールできるアプリの供給元を限定することが可能。

「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」で、インストールできるアプリの供給元を限定することが可能。

画像: Microsoft Store以外のアプリは、インストールがブロックされる。ユーザーが意図しないアプリはインストールされない。

Microsoft Store以外のアプリは、インストールがブロックされる。ユーザーが意図しないアプリはインストールされない。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.