ソニー「α6400」は、有効2420万画素の CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載し、最新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」や、動体予測アルゴリズムの組み合わせで、合焦時間0.02秒の世界最速AFを実現したミラーレス一眼カメラ。

世界最速0.02秒のAFを実現した小型・軽量ボディのミラーレス

ソニーは、ミラーレス一眼カメラの新ラインアップとして、有効2420万画素 CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載した「α6400」を発売した。

ソニー
α6400

●発売日:2月22日
●実売価格:ボディ単体=11万9000円程度
 パワーズームレンズキット=12万9600円程度
 ダブルズームレンズキット=15万1200円程度
 高倍率ズームレンズキット=16万2000円程度

画像1: ソニー α6400
画像2: ソニー α6400

最新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」とファストハイブリッドAFシステム、先進の動体予測アルゴリズムの組み合わせにより、合焦時間0.02秒の世界最速AFを実現したのが特徴。

リアルタイム瞳AFの精度と速度も向上しており、うつむき顔や逆光状況でもしっかり人物をとらえることができる。高速連写はAF&AE追従で最高約11コマ/秒。4K HDRでの高精細動画撮影も可能。

●問い合わせ先:ソニー 0120-777-886

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.