ヨドバシカメラで大人気のロボット掃除機がアイロボット・ルンバi7+。前モデルから進化したのは、「ゴミ捨て」と「エリア指定掃除機能」なんだとか。ヨドバシカメラでその実力を体験してきた!

我ら!家電体験隊。 in ヨドバシカメラ

画像1: ルンバのゴミ捨て機能が進化!最新「ルンバi7+」をヨドバシカメラで体験!

ヨドバシカメラ 勝田泰幸マネージャー
ヨドバシカメラのカリスマ店員。プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

画像2: ルンバのゴミ捨て機能が進化!最新「ルンバi7+」をヨドバシカメラで体験!

家電体験隊・女子部 部長:諏訪ケイコ
仕事と家事を切り盛りするライター。共働きおかんの目線で、商品に迫るわよ!

画像3: ルンバのゴミ捨て機能が進化!最新「ルンバi7+」をヨドバシカメラで体験!

話題の家電や気になるサービスを、あなたの代わりに大チェック! 
今回は、最新のルンバに大注目よ!

今回トライしたのは
ロボット掃除機

アイロボット ルンバi7+

実売価格例:14万270円

画像: ◯本体サイズ/幅351㎜×高さ92㎜ ◯本体重量/4kg

◯本体サイズ/幅351㎜×高さ92㎜ ◯本体重量/4kg

画像4: ルンバのゴミ捨て機能が進化!最新「ルンバi7+」をヨドバシカメラで体験!

マッピング技術の高度化で部屋の形をより細かく把握。くびれや段差から一つ一つの部屋を認識できるようになった。自動ゴミ回収システムの搭載により、ゴミ捨て時に手が汚れるなどの不満も解消している。

マッピング技術の高度化や自動ゴミ収集など、さらに進化!

画像: ルンバシリーズは1日平均5〜6台、週末は十数台売れるとか。特に、年配層のニーズが高い。

ルンバシリーズは1日平均5〜6台、週末は十数台売れるとか。特に、年配層のニーズが高い。

画像1: 勝田 マネージャー

勝田
マネージャー

こちらは、最新のルンバです。どこが新しくなったかわかりますか?

画像1: ケイコ部長

ケイコ部長

コーヒーメーカーみたいなヤツが付属したことかな? あっ、中から紙のフィルターが出てきた〜!

画像: 持ち上げると穴がしまる便利な紙パック。

持ち上げると穴がしまる便利な紙パック。

画像: 数ヵ月に一回ポイッと捨てるだけ。便利〜!

数ヵ月に一回ポイッと捨てるだけ。便利〜!

画像2: 勝田 マネージャー

勝田
マネージャー

これは紙パックです(笑)。新型には自動ゴミ収集機能が付いていて、ルンバが集めたゴミを、掃除のあとに回収してくれるんですよ。紙パックには、ダスト容器30杯分がためられるので、ゴミ捨ての煩わしさから一気に解放されます。

画像2: ケイコ部長

ケイコ部長

すごーい。掃除だけでなく、ゴミの管理も自分でやってくれるんだ!

画像3: 勝田 マネージャー

勝田
マネージャー

あと、以前はフロア全部を掃除していたんですが、今回から指定したエリアのみの掃除もできるようになりました。「寝室以外を掃除して」というリクエストにもこたえてくれますよ。

画像: スマホで操作可能。エリア指定をすれば、その場所だけ掃除してくれる。

スマホで操作可能。エリア指定をすれば、その場所だけ掃除してくれる。

画像3: ケイコ部長

ケイコ部長

なるほど。融通が利くようになったのね。

画像4: 勝田 マネージャー

勝田
マネージャー

ロボット感が増しました。個々の部屋だけでなく、例えば、猫のトイレの周りだけ掃除してもらうこともできるので、本当にお手伝いしてくれている感じです。

画像4: ケイコ部長

ケイコ部長

かわいくて、ずっと見入っちゃったりしてね。

画像5: 勝田 マネージャー

勝田
マネージャー

留守中に掃除させることが多いので、動いてる姿はあまり見ないですね。感覚的には、オブジェに近いかもしれません(笑)

掃除してほしい場所を指定でき、終了後は自動でゴミを吸い出してくれる!

画像: 本体のダスト容器には排出口があり、クリーンベースと合体して、穴からゴミを吸引。

本体のダスト容器には排出口があり、クリーンベースと合体して、穴からゴミを吸引。

画像: 掃除終了後はベースに戻って充電&ゴミの自動収集を開始。次の掃除に備える。

掃除終了後はベースに戻って充電&ゴミの自動収集を開始。次の掃除に備える。

画像5: ルンバのゴミ捨て機能が進化!最新「ルンバi7+」をヨドバシカメラで体験!
画像: 密閉度が高いゴム製ローラー。集塵力に優れ、小さなゴミも逃さない。

密閉度が高いゴム製ローラー。集塵力に優れ、小さなゴミも逃さない。

画像: クリーンベース(自動ゴミ収集機)の採用で、ゴミ捨て問題をクリア。紙パックがいっぱいになると、ベースの赤ランプが点灯する。

クリーンベース(自動ゴミ収集機)の採用で、ゴミ捨て問題をクリア。紙パックがいっぱいになると、ベースの赤ランプが点灯する。

「ルンバi7+」のおすすめポイントはここ!

画像: 勝田マネージャー

勝田マネージャー

指定のエリアに行ってくれるルンバは、意思の疎通ができている感じがして、愛着度がアップしました。優秀なセンサー搭載で、取りこぼしたゴミをわざわざ回収しに行く姿にも好感が持てます!

※価格は記事作成時のものです。

取材協力/ヨドバシカメラ 新宿西口本店

文/諏訪圭伊子 イラスト/松沢ゆきこ

This article is a sponsored article by
''.