毎年夏になると、ネット上で必ず見かける「脱毛」の記事。あれは効果があった、これは効果がないと、うるさいほどです。しかも「脱毛剤」なのに、「永久脱毛」ではなかったと怒る人まで。そんな中、2019年6月に新しくなったブラウンの光脱毛器「シルク・エキスパート プレミアムモデル」を試すことができました。

永久脱毛の定義

皆さん「永久脱毛には定義がある」と言うと、ビックリされるでしょうか?

永久脱毛なんて、「今ある毛がなくなり、永久に(自分が死ぬまで)新しい体毛が生えないことを言うんでしょ。それでイイじゃん。」と言う女性もいらっしゃると思います。
間違いではありません。しかも、日本は永久脱毛に関する法律はありません。
となると、法的な定義はありません。

しかし、「永久脱毛」は、多くの場合、米国電気脱毛協会が定める永久脱毛の定義に基づいて使用されます。
それは、「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること」です。
心理的にはどうあれ、永久脱毛と言われる処置をしても、一部残っている可能性がある。それが今のレベル、と考えてもらっていいと思います。

また、人は「毛のない方向」へ進化してきました。
しかし、毛母細胞は毛を生やすためにある細胞ですし、細胞は自分のすべきこと、毛母細胞は毛を生やすことですが、それをしようとします。
脱毛とは、もともと「毛を作らなければならない」細胞の活動を停止させるわけです。
極端な言い方をすると、脱毛は、体毛の数だけ細胞を痛めつけてしまうわけで、とても難しい行為でだと思います。

画像: 永久脱毛の定義

医療で使われてる脱毛法

細胞を破壊するのは、医療行為に当たります。では、医療ではどんな脱毛法が使われているのでしょうか?

今使われているのは、2種類。針(ニードル)脱毛とレーザー脱毛だそうです。
針脱毛は、毛穴に針を突き刺し、電気を流し、脱毛する方法。長所は確実に脱毛できること、短所は時間がやたらかかること(=費用もかかります)です。

もう一つのレーザー脱毛は、黒色や茶色の体毛の色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織に熱ダメージを与え、脱毛する方法です。
ただし、毛が生えるサイクルの内、成長期にあたる場合だけが、熱の吸収が大きいため、永久脱毛になるそうです。このため、1回で脱毛できるわけではなりません。何度か処置してもらう必要があります。

では、サロンはどうかというと、医療で使用するより弱いエネルギーでダメージを与えるわけです。危険性は医療行為より弱いのですが、人によって許容度が違って来ます。脱毛の評価が人によって違うのは当たり前のことといえます。

また、一回で脱毛できることは稀で、何回か繰り返し脱毛処置を行うことが必要です。

ブラウン「シルク・エキスパート」の特長

世界一売れている光脱毛器は、ブラウンの「シルク・エキスパート」だそうです。どんなトコロが評価されているのでしょうか?

それは、肌の色に合わせ照射光のパワーを自動で変えてくれるところです。
先ほど書きましたが、脱毛は光の熱エネルギーで細胞に熱ダメージを与えます。エネルギーは、毛の色が吸収しますが、当然肌自体もダメージを受けます。つまり、肌へのダメージを最低限にしつつ、毛にダメージを与える光量調整がポイントです。

エステサロンでは、これを経験で行います。
しかし、家で行う場合は自分です。脱毛のプロでもなんでもありません。そのために、その能力を脱毛器に組み込んだわけです。
「シルク・エキスパート プレミアム]は、それを10段階に分け丁寧に対応しています。

画像: ブラウン「シルク・エキスパート」の特長

脱毛処理4回。そして・・・。

脱毛は、毛剃りから始まります。
脱毛エリアの毛を剃るのです。ブラウンのシェイバーは有名ですし、切れ味のいいカミソリが入っています。

これをやらない場合、強烈な痛みを伴います。なんせ毛が焼けるのですから…。私も大声で叫んでしまいました。実に痛いです。しかし、毛を剃ると、痛くない。ほんの時たま「チクッ」と感じる位です。

また、毛が白(白髪)の場合は、何の影響もありません。毛の色が熱を引き出すことを改めて思い知りました。

剃ってしまうので、跡もキレイです。もう少し、残った部分が点々で目立つかと思っていましたが、そうではありませんでした。
ただ、処理直後は少し粗れ気味であり、お風呂を使ったり、少し寝ると落ち着きますので、判断は落ち着いてからの方がベターです。

一週間後、体毛は少し伸びているようです。しかし、気になるほどではありません。処置します。

3回目は、ほとんど気になりません。自分で気にならないのですから、他人から見ればOKレベルと言ってもいいかと思います。

4回目。うーん。我ながらキレイですね。男ですから、太い毛の部分も幾つかあったのですが、ツルツルです。

何やら、自分で自分を作り出している様で、化粧に力を入れる女性の気持ちが分かった気持ちになりました。ハマリそうな自分に気付きました。脱毛は面白いです。

ブラウン 光美容器
シルクエキスパート
PL-5117

画像: ブラウン 光美容器 シルクエキスパート PL-5117

ブラウンの90日キャンペーン

この新型導入に当たり、ブラウンは「90日間満足保証 全額返金キャンペーン」を行っています。毛のサイクルは、成長期は2~6年、退行期は2週間、休止期は3~4か月と言われていますので、90日間あれば、対応できると思いますが、それは製品の満足度が高ければこそ。

きれいなデザイン、シンプルな使い勝手、キチンとした効果。

盛夏まで、あと1ヶ月。ブラウンは頼れるやつですよ。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オ
フィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があ
り、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.