【LINEの使い方】友達を追加してメッセージを送ってみよう!押さえておきたい8つのポイント

月間約7900万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」。アプリのインストールと登録が終わったら、次は使い方をマスターしよう。この記事では、「友達の追加」からメッセージや画像の送受信、位置情報やウェブページを共有できる便利な機能まで詳しく解説していこう。

いろいろな方法で「友だち」を追加しよう

LINEは、お互いに「友だち」に追加した人とだけ連絡が取り合える。スマホの電話帳のデータからLINEの利用者を自動的に探して追加できる機能もあるが、手動で追加したほうが、連絡を取りたい人と確実につながれる。友だちを追加するには、「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」の四つの方法がある。

目の前にいる人と確実につながるには、「QRコード」を使うといい。「友だち追加」画面で「QRコード」を選択すると、QRコードの読み取り画面が表示される。相手にも同じ操作をお願いし、「マイQRコード」をタップして相手のQRコードを表示してもらおう。相手のQRコードを自分のスマホのカメラを使って指定された枠内に写すと、相手のアカウントが表示される。あとは「追加」をタップすれば、友だちリストに追加できる。

QRコードを読み取って追加しよう

(1)「ホーム」タブを開き、画面上部の人型のアイコンをタップする。

(2)「友だち追加」画面が表示される。ここでは「QRコード」をタップ。

(3)相手に「マイQRコード」を表示してもらい、画面内に写して読み取る。

(4)「追加」をタップすると、「友だち」に追加される。

離れた場所にいる相手に自分を友だちに追加してもらうには、「招待」機能を使おう。この機能を使えば、スマホの電話帳に登録している人宛てに「マイQRコード」を送信できる。送信方法は「SMS」と「Email」が選択可能。メールの受信者がスマホでメールの添付ファイルを開くと、LINEを起動するかどうか問われる。LINEを起動すると、友だちの追加画面が表示されるので、「追加」をタップしてもらおう。

SMSやメールで招待しよう

(1)「ホーム」タブを開き、画面上部の人型のアイコンをタップ。「招待」→「SMS」の順にタップ。

(2)電話帳に登録されている人の一覧が表示される。送信先を選択して「招待」をタップする。

確認画面で「OK」をタップすると、SMSの送信画面に切り替わる。メールを送信しよう。

(4)SMSの受信者が添付ファイルを開くと、友だちの追加画面が表示される。「追加」をタップ。

相手が自分のアカウントを友だちに追加し終えたら、相手のアカウントをいちいち聞く必要はない。自分を友だちに追加し終えた人が「知り合いかも?」欄に表示されるからだ。本人であることを確認したら友だちに追加しよう。

「知り合いかも?」から追加しよう

(1)「ホーム」タブで「友だち」をタップ。「知り合いかも?」に表示された人をタップする。

(2)人型のアイコンをタップして追加することも可能。ここでは追加したい人物をタップ。

(3)相手のホーム画面が表示される。知り合いかどうか確信が持てたら「追加」をタップしよう。

(4)「友だち」に追加された。「新しい友だち」としても表示される。

万が一、間違えて登録した場合は「ブロック」できる。ブロックしていることは相手には伝わらず、相手がメッセージを送ってもこちらには届かない。また、たまにしか連絡を取らない相手は「非表示」にしておくといい。友だちリストには表示されないが、相手からのメッセージは受信でき、返事も送れる。ブロックや非表示は必要に応じて解除可能だ。なお、一度追加した友だちは、ブロックをしてからでないと削除できない。

間違って友だちになった相手をブロックする方法

(1)ブロックしたい人のアカウントを長押しする。

(2)メニューが表示されるので、ここでは「ブロック」をタップ。非表示にすることも可能。

(3)ブロックや非表示は解除できる。「ホーム」タブで歯車のアイコン→「友だち」の順にタップ。

(4)「非表示リスト」と「ブロックリスト」はここから確認できる。

「友だち」とメッセージや写真などをやり取りしよう

「友だち」を追加し終えたら、いよいよメッセージがやり取りできる。LINEでは、メッセージをやり取りする画面を「トークルーム」と呼ぶ。やり取りする相手ごとにトークルームが作成され、ほかの人は閲覧できない。初めてトークする際は、「ホーム」タブの「友だち」リストからトークする相手を選び、「トーク」をタップしてトークルームを作成する。一度やり取りした相手とは、「トーク」タブにあるトークルームからメッセージのやり取りが可能だ。

トークルームで自分が送ったメッセージは、画面右側に緑色の吹き出し、相手のメッセージは画面左側に白い吹き出しで表示される。送信したメッセージはすぐに相手に届くので、会話をしているようなテンポでやり取りできる。相手がメッセージを見ると「既読」マークが付くので、確認したかどうかが一目瞭然だ。

友だちとメッセージをやり取りしよう

(1)「ホーム」タブの「友だち」一覧からメッセージを送りたい相手を選ぶ。

(2)相手のプロフィール画面が表示される。「トーク」をタップしよう。

(3)入力欄をタップして文章を入力する。送信するには紙飛行機のアイコンをタップ。

(4)メッセージが送信された。右側に自分のメッセージが、左側に相手が送ったメッセージが表示される。

トークではメッセージ以外に、写真や動画の送信にも対応している。スマホ内の写真や動画だけでなく、LINE上でカメラを起動して撮影し、すぐに送信するといった使い方もできる。写真や動画をLINE上で加工してから送れるのも便利。写真は一度に50枚、動画は最大5分まで送信可能。ただし、トークルーム上の写真や動画は一定期間が経過すると削除されるので、手元に残しておきたいデータは保存しておくといい。また、LINEでは写真や動画の容量を自動的に小さくして送信するので、元データのままで保存したい人は注意しよう。

写真や動画を送ってみよう

(1)「トーク」画面で、入力欄の左にある「写真」のアイコンをタップする。

(2)スマホ内のライブラリにある写真や動画が表示される。送信したい画像を選択しよう。

(3)写真の編集画面が表示される。そのまま送る場合は、紙飛行機のアイコンをタップする。

(4)写真の編集画面が表示される。そのまま送る場合は、紙飛行機のアイコンをタップする。

トーク機能を使う際に覚えておくと便利なのが、「位置情報」や「ウェブページ」の共有。位置情報の共有機能を使えば、待ち合わせ場所などの地図をスムーズに送れる。「Googleマップ」で地図を開いたり、現在地からの経路を検索したりといったことが可能だ。

地図情報を送ってみよう

(1)「トーク」画面で入力欄の左にある「+」のアイコンをタップする。

(2)トークで使える機能の一覧が表示される。地図を送るには「位置情報」を選択。

(3)現在地周辺の地図が表示されたら、送信したい場所に赤いピンを動かして住所をタップする。

(4)指定した場所の地図が送信される。
相手がタップすると、地図アプリが起動して場所が確認できる。

ウェブページの共有機能を使う際は、スマホのブラウザーでウェブページを開いた状態で「共有」機能を呼び出して「LINE」を選択しよう。iPhoneの場合は、あらかじめ共有メニューにLINEを追加する必要がある。

ほかのアプリから情報を共有しよう

(1)「Safari」のページを共有する場合は、共有アイコンをタップ。

(2)初めて使う際は「その他」をタップして、「LINE」での共有をオンにする。

(3)共有メニューにLINEが追加されるのでタップしよう。

(4)共有先を選択する。必要に応じてメッセージも送信可能。共有するには「送信」をタップする。

※掲載の画面は、特に記載のあるもの以外はiPhoneのものです。

解説/今西絢美(ライター)

シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース