ホンダから、フルモデルチェンジした軽ハイトワゴン「N-WGN」。新モデルの特徴は、安全性能や使い勝手の向上だ。安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備し、軽として初めて渋滞追従機能付きACCも適用している。

ホンダ
N-WGN

安全性能や使い勝手を追求した軽ハイトワゴンの最新モデル誕生

●発売日:7月18日
●価格:127万4400~179万3880円

ホンダは、軽ハイトワゴン「N-WGN」をフルモデルチェンジして発売した。

新モデルでは、日常のあらゆるシーンで快適に車を利用するための安全性能や使い勝手を追求。外観デザインも、ふだんの生活になじむ親しみやすいフォルムになっている。

具体的には、安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備としたほか、軽として初めて渋滞追従機能付きACCも適用。

N-WGN L

また、運転席にはテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備し、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるよう配慮されている。

画像: N-WGN Custom L・ターボ

N-WGN Custom L・ターボ

●問い合わせ先:ホンダ 0120-112010

文/特選街編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.