パナソニックが、4K液晶テレビのスタンダードモデルとして、「4Kビエラ GX500シリーズ」を発売。新4K衛星放送用チューナーを内蔵。話題の4K放送を手軽に視聴できるのが特徴。外付けハードディスク(別売)を利用して4K放送を録画することも可能だ。画面サイズは、49V型と43V型の2種類。

パナソニック
4Kビエラ GX500シリーズ

4K放送用チューナーを内蔵したスタンダードクラスの4Kテレビ

●発売日:8月23日
●実売価格:49V型=11万3300円程度、43V型=10万2500円程度

パナソニックは、4K液晶テレビのスタンダードモデルとして、「4Kビエラ GX500シリーズ」を発売した。新4K衛星放送用のチューナーを内蔵しており、話題の4K放送を手軽に視聴できるのが特徴。外付けハードディスク(別売)を利用すれば、4K放送を録画することも可能だ。

画像: 4K放送用チューナーを内蔵したスタンダードクラスの4Kテレビ

また、「広視野角IPSパネル」「色忠実補正回路」「エリアコントラスト制御」などの採用で、高品位な画質も実現している。テレビ放送、録画済み番組、ネット動画を一覧表示できる便利な「アレコレチャンネル」も新搭載。画面サイズは、49V型と43V型の2種類。

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-981

This article is a sponsored article by
''.