さまざまな配信サイトで扱われている現在の標準的な形式は「FLAC」。対応機器は多いが、iPhone標準の「ミュージック」アプリでは再生不可で別アプリが必要だ。併せてWAV、DSD、MQAなどハイレゾのファイル形式を押さえておこう。

FLAC、WAV、DSD、MQA……。ハイレゾのファイル形式を押さえよう

間違って購入しないように注意が必要

一口にハイレゾ音源といっても、ファイル形式がいくつか存在する。ハイレゾ配信サイトによって扱う形式が異なり、再生する機器ごとに対応・非対応もあるので、購入する際は注意が必要だ。

画像: 間違って購入しないように注意が必要

まず、さまざまな配信サイトで扱われている、現在の標準的な形式といえるのが「FLAC」だ。音質を落とすことなくファイルサイズを小さく圧縮できるロスレス(可逆圧縮)形式を採用している。対応機器は多いが、iPhone標準の「ミュージック」アプリでは再生できず、別アプリが必要。

非圧縮形式で標準的なのが「WAV」。高音質で対応機器は多いが、ファイルサイズが大きく、曲名などのタグ情報が扱いづらい。

ALACはアップルのロスレス方式で、一部の配信サイトで扱われている。アップル関連用の形式だが、対応製品も増えてきている。

DSDは、ほかとはまったく原理の異なる新しい記録方式を採用するファイル。独特の音質を持ち、ファンも多いが、ファイルサイズが非常に大きくなるほか、対応機器やアプリでないと、スペックどおりの再生ができない。

MQAは比較的新しい形式で、ファイルサイズをよりコンパクトに圧縮できるのが特徴。対応プレーヤーであれば、ハイレゾ音質で再生できるが、非対応機器でもCD音質で再生することができる。

画像: 【ハイレゾのファイル形式の種類】標準はFLAC。iPhoneの「ミュージック」では再生できないため注意!

まずはFLACファイルで聴いてみるのがよさそうだな

解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.