パソコンでハイレゾ音源を再生できるアプリでは、簡単で多機能なソニーの「Music Center For PC」(無料)がおすすめ。FLACやWAVはもちろん、ALACやDSDにも対応。CDからの取り込みやウォークマンへの音源転送機能も用意する。有料アプリでは、デジオンの「CurioSound(キュリオサウンド)」が各種ハイレゾ形式に対応している。

めんどうなセッティングはもう不要! ハイレゾ再生アプリはこれを使おう

聴きたいファイルをサクッと再生できる

パソコンでハイレゾ音源を再生できるアプリはいろいろあるが、簡単で多機能、しかも無料ということでおすすめしたいのが、ソニーの「Music Center For PC」だ。FLACやWAVはもちろん、ALACやDSDにも対応し、標準的なハイレゾ音源再生で困ることはない。CDからの取り込みやウォークマンへの音源転送機能も用意する。

標準的なハイレゾ再生に対応

ソニー
「Music Center for PC」
(無料)

https://musiccenter.sony.net/ja/

画像: さまざまなハイレゾファイル形式に対応。 「mora」 にアクセスすることもできる。

さまざまなハイレゾファイル形式に対応。「mora」にアクセスすることもできる。

有料アプリでは、デジオンの「CurioSound(キュリオサウンド)」が各種ハイレゾ形式に対応。独自のハイレゾクリエーター「CQe」で、CDや圧縮音源をリアルタイムにアップサンプリングして高音質再生できるのが特徴。これまで蓄積してきた音源ライブラリーを高音質化したいという人には魅力的だ。

ハイレゾをより積極的に楽しめる

デジオン
「Curio Sound」
実売価格例:3950円

https://www.digion.com/product/curiosound/

画像: CD音質をハイレゾ化する「CQe」機能を搭載。音楽ライブラリーの管理機能も強力。

CD音質をハイレゾ化する「CQe」機能を搭載。音楽ライブラリーの管理機能も強力。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.