インシュレーターの素材は、金属、ウッド、ゴム、樹脂のほか、それらを複合したハイブリッド系などがあり、それぞれに効果も音調も違うため、好みのチューニングができるのがいい。クリプトン「IS-333」とウインドベル「AVC-50」の特徴を紹介しよう。

インシュレーターは音質向上に有効。いろいろな素材や構造を試してみよう

金属、ウッド、ゴム、樹脂、ハイブリッド……

スピーカーもプレーヤーもアンプも、振動の影響を受けない機器はない。その有害振動をシャットアウトして、音質向上を図るアイテムがインシュレーターだ。

これは、機器のフット代わりに使うもので、素材や構造によっていろいろなタイプがある。素材には金属、ウッド、ゴム、樹脂のほか、それらを複合したハイブリッド系などがあり、それぞれに効果も音調も違う。金属はクリアで輝かしい音、天然ウッドは温かみのある響きを引き出すというように、好みのチューニングができるのだ。

有害振動をシャットアウトできる!

例えば、クリプトンのIS-333。ステンレスのみによるシンプルな構造で、ゴムの滑り止め付き。音像がピタッと決まり、低音は豊かで引き締まる。

クリプトン
IS-333
実売価格例:1万2960円(4個セット)

画像: 1点支持によって外部からの振動を受けにくくするステンレス製インシュレーター。

1点支持によって外部からの振動を受けにくくするステンレス製インシュレーター。

一方、ウインドベルのAVC-50は、高層ビルなどの制振・免震に関する独自の技術を生かしたフローティング構造が特徴だ。

ウインドベル
AVC-50
実売価格例:3万2080円(4個セット)

画像: 防振・制振分野で独自の技術を持つ特許機器株式会社のインシュレーター。低剛性の非線形ばねを使った3次元支持構造。

防振・制振分野で独自の技術を持つ特許機器株式会社のインシュレーター。低剛性の非線形ばねを使った3次元支持構造。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/林正儀(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.