【オウルテック】F1.8レンズを採用した2カメラドライブレコーダー「OWL-DR802G-2C」

ガジェット

オウルテックは、ドライブレコーダーの新製品として、前方と後方の映像を同時に録画できる2カメラモデル「OWL-DR802G-2C」を発売した。フロントとリアの両カメラに、F1.8の明るいレンズを採用しているのが特徴。

オウルテック
OWL-DR802G-2C

直販価格:2万6950円

オウルテックは、ドライブレコーダーの新製品として、前方と後方の映像を同時に録画できる2カメラモデル「OWL-DR802G-2C」を発売した。フロントとリアの両カメラに、F1.8の明るいレンズを採用しているのが特徴で、街灯の少ない郊外の夜間走行でも、周囲の状況をしっかり撮影することができる。

フロントは対角135度のフルHD映像、リアは対角130度のHD映像を記録可能だ。また、フロントはWDR機能を装備しているので、逆光時などの白飛びや黒つぶれも抑えられる。「みちびき」対応のGPSも搭載。液晶モニターは2.7型。

●問い合わせ先:オウルテック 046-236-3522

※この記事は『特選街』2020年4月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

オウルテック 脇阪寿一氏監修 ドライブレコーダー 前後カメラ フルHD GPS付き 高画質 F1.8レンズ 12V/24V車対応 1年保証 OWL-DR802G-2C
ミスターGTの異名を持つ脇阪寿一氏がプロデュース:本製品は、レーシングドライバーとして、レーシングチーム監督として、プロデューサーとして長年に渡る全日本GT選手権やSUPER GTでの活躍で「ミスターGT」の異名を持つ脇阪寿一氏監修のもと生まれたドライブレコーダーです。
フルHDの2カメラ仕様で前方後方どちらも高画質で撮影:フロントガラス面とリアガラス面に設置することで、前後の走行映像を撮影することができます。フロントカメラは対角135°でフルHD(1920×1080)での高解像度による録画に対応。細かい部分までキレイかつ広範囲に撮影することができます。またリアカメラは対角130°のHD…
¥26,950
2020-03-04 10:31
スポンサーリンク
ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース