自転車の危険走行に関して、2020年6月30日に改正道路交通法の一部として追加されたのが「妨害運転」の項目だ。道路の逆走や幅寄せ、進路妨害、不必要な急ブレーキ、ベルをしつこく鳴らす、車間距離を取らない、追い越し違反などが含まれている。これまで以上に安全に気を配ろう。

クルマだけじゃない! 危険な走行を行う自転車の「妨害運転」も、取り締まりの対象に

脱炭素、3密回避、健康増進など、自転車のプラス面は周知のとおりだが、マイナス面として、信号無視、一時不停止、通行禁止違反、酒酔い運転、歩行者の通行妨害といった危険な行為が存在することも事実。

そんな自転車の危険走行に関して、2020年6月30日に改正道路交通法の一部として追加されたのが「妨害運転」の項目。

これまで以上に安全に気を配ろう

デリバリー業務などで街中を高速で走行する自転車も、かなり増えている。

画像: これまで以上に安全に気を配ろう

これには道路の逆走や幅寄せ、進路妨害、不必要な急ブレーキ、ベルをしつこく鳴らす、車間距離を取らない、追い越し違反などが含まれる。

コロナ禍で自転車の利用者が増える中、安心して走行できる環境整備が望まれると同時に、ユーザーの側も、より安全運転意識を高めていく必要があるだろう。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.