長引く外出自粛期間。外食も控えて、家でご飯を食べていると、ついつい「お店の味」が恋しくなる人が急増中。自炊でも簡単にプロの味が楽しめるサブスクリプションサービスに注目が集まっています。調味料のサブスク「kakeru」なら、プロが監修したシーズニングやドレッシングなどの4種類の調味料が、毎月、その時々の旬の食材などに合わせてセレクトされ、自宅に届きます。

自宅で”プロの味”を手軽に再現

外出自粛期間が長引き、週末も家で過ごす時間が増えたという人も多いはず。外食も控えて、家でご飯を食べていると、ついつい「お店の味」が恋しくなりませんか?もちろん、お気に入りの飲食店のテイクアウトを味わうのも素敵ですが、自炊でも簡単にプロの味が楽しめるともっと気軽に楽しめそうですよね。そんななか、プロの味を楽しめるサブスクリプションサービスに注目が集まっています。

画像: 自宅で”プロの味”を手軽に再現

その名も、調味料のサブスク「kakeru」。このサブスクでは、プロが監修したシーズニングやドレッシングなどの4種類の調味料が、毎月、その時々の旬の食材などに合わせてセレクトされ、自宅に届きます。

自炊をしていると、ついついメニューや味付けがマンネリ化してしまうもの。また、毎日家で料理を作ることに疲れ、もっと手軽に美味しい物を食べたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめのサービスです。

「kakeru」について

サービス概要

画像: サービス概要

「kakeru」では、一流シェフが手掛けるオリジナル調味料を、毎月4種類お届け。食材に「かける」だけで、お家に居ながら料理のプロの味をお手頃価格で体験できます。1つのソースは数回分の量なので、野菜はもちろん、肉料理や魚料理など、様々な食材と掛け合わせて楽しむことができます。

価格

月額2,480円(税抜・送料込)

内容(9月お届け分を例に)

画像: 内容(9月お届け分を例に)

・ヴィーガンXO醤
・BBQスパイス
・フレッシュハーブオイル(タイム、ローズマリー、タラゴン)
・洋風香味タレ

※内容は月によって変更されます。

購入方法

「kakeru」公式サイト

飲食店のシェフの支援になる

新型コロナウイルスの影響を受け、外食産業は依然として大きな被害を受けており、シェフの活躍の場は減少しています。

「kakeru」は、食材に「かけるだけ」で料理が出来上がる調味料を消費者の皆さんにお届けし、著作権の無い、シェフが考え抜いた“調味料”を収益化することで、消費者のレシピ疲れ解消とシェフへの収益貢献を目指しています。

第一弾レシピ提供シェフ

レシピ提供:山崎 真人氏のプロフィール

画像: 第一弾レシピ提供シェフ

1984年、新潟生まれ。都内の飲食店で10年ほどシェフをした後、恵比寿にYというお店をオープン。3年で一度店を閉める。その後メキシコ・ペルー・イギリス(ロンドン)・フェロー諸島・アメリカ(サンフランシスコ)と世界5カ国を回りながら、各地にてシェフをする。ペルーのレストランは、「ラテンアメリカベストレストラン50 」にて常にトップ5に入るCentral。

帰国後は、日本国内の様々なレストランとコラボレーションイベントを開催。2018年に行われたコンテスト「RED U-35 2018」にて「2018 SILVER EGG」を受賞。今現在は、顧客宅のディナー会、各企業へのケータリング、食関連のコンサルタントなどを行なっている。

まとめ

自炊でプロの味を目指すのはなかなか難しいですよね。オーブンや低温調理器などの調理家電を買ってみるという手もありますが、もっと手軽に、簡単に再現したい!という時は、「kakeru」でプロ監修の調味料を使ってみてはいかがでしょうか。お店のソースやドレッシングの味こそ、家ではなかなか再現が難しいもの。サブスクを上手に活用しておうちご飯をバージョンアップさせちゃいましょう。また、調味料はすべて真空パックで送られてくる、サスティナブルな仕様となっています。容器のご準備をお忘れなく。

This article is a sponsored article by
''.