マランツが、コンポーネントオーディオの新製品2機種を発売した。「CD6007」は、高性能DACチップ「AK4490EQ」を採用したCDプレーヤー。「PM6007」は、フルディスクリート構成の高品位な電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプだ。

マランツ 
CD6007、PM6007

●価格:CD6007=5万5000円、PM6007=7万400円
 

マランツが、コンポーネントオーディオの新製品2機種を発売した。「CD6007」は、旭化成エレクトロニクス社製の高性能DACチップ「AK4490EQ」を採用したCDプレーヤー。デジタルフィルター切り替え機能を搭載しているので、楽曲や好みに合わせて音質を変えることができる。USBメモリーなどに保存したハイレゾ音源の再生も可能。

画像: CD6007

CD6007

「PM6007」は、フルディスクリート構成の高品位な電流帰還型増幅回路を搭載したプリメインアンプ。アナログ5系統、デジタル3系統の豊富な入力を装備している。出力は45ワット×2(8Ω)。

画像: PM6007

PM6007

●問い合わせ先:マランツ ☎0570-666-112

※この記事は『特選街』2020年11月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.