カップ焼きそばといえば、全国的には「U.F.O」や「ペヤング」が定番でしょう。しかし、筆者の住む北海道では、カップ焼きそばといえば「やきそば弁当」です。北海道限定商品のため、お土産の定番にもなっています。2020年はそんな「やきそば弁当」に「やきそば弁当 小樽あんかけ風」が登場。「お湯2回仕上げ!」が特徴のユニークなカップあんかけ焼きそばになっているので、みなさんにご紹介したいと思います。

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

齋藤千歳 (さいとう・ちとせ)

元月刊カメラ誌編集者。新しいレンズやカメラをみると、解像力やぼけディスク、周辺光量といったチャートを撮影したくなる性癖があり、それらをまとめたAmazon Kindle電子書籍「レンズデータベース」などを出版中。まとめたデータを元にしたレンズやカメラのレビューも多い。使ったもの、買ったものをレビューしたくなるクセもあり、カメラバッグなどのカメラアクセサリー、車中泊グッズなどの記事も執筆している。目下の悩みは月1以上のペースで増えるカメラバッグの収納場所。

カップ焼きそばであんかけ、しかもお湯2回仕上げ

今年は「やきそば弁当」登場からなんと45周年

北海道民にとって、カップ焼きそばといえば「やきそば弁当」です。筆者は長いこと東京に住んでいたのに、「やきそば弁当」が北海道限定であることを忘れていたほど,、北海道の日常生活になじんでいます。もしかすると、「やきそば弁当」がすっかり北海道土産の定番になった今も、多くの道民は「やきそば弁当」が全国区の商品だと信じているのではないでしょうか。

そんな北海道限定の「やきそば弁当」、今年2020年でなんと誕生45周年だそうです。実は筆者と同級生、そして、なんとライバルともいえる「ペヤング ソースやきそば」も45周年、同級生だといいます。蛇足ですが、「日清焼そばU.F.O.」は今年44周年、ひとつ年下だそうです。

画像: 大きく45周年と書かれた「やきそば弁当」。中華スープが付いているのが、ほかのカップ焼きそばとの大きな違いです。

大きく45周年と書かれた「やきそば弁当」。中華スープが付いているのが、ほかのカップ焼きそばとの大きな違いです。

2020年9月に登場した「やきそば弁当 小樽あんかけ風」

北海道では超定番のカップ焼きそばであるやきそば弁当には、さまざまなバリエーションがあります。2020年12月原稿執筆時現在、

「やきそば弁当」

「やきそば弁当 コク甘ソース」

「やきそば弁当 小樽あんかけ風」

「やきそば弁当 旨塩」

「やきそば弁当 たらこ味バター風味」

「やきそば弁当 ちょい辛」

「大判やきそば弁当」

「でっかいやきそば弁当」

がラインアップされており、もっとも新しい製品が「やきそば弁当 小樽あんかけ風」になります。

また、現在「やきそば弁当」シリーズのなかで唯一スープが付属しません。そして、唯一のあんかけ焼きそばで、お湯2回仕上げになっています。

画像: 「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は、北海道内のスーパー、コンビニなどで普通に売られています。

「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は、北海道内のスーパー、コンビニなどで普通に売られています。

「やきそば弁当 小樽あんかけ風」を作ってみた

作り方は3ヵ所に明記!しっかり確認を

カップ焼きそばのなかでも、特殊な作り方になる「やきそば弁当 小樽あんかけ風」には、パッケージ表面、パッケージ裏面、内蓋の表面の3ヵ所に、作り方が明記されています。

パッケージ表面の作り方解説は、最低限の流れだけ書かれています。実際に作るときには、ほかの解説を見ることをおすすめします。

画像: ざっくりとした説明なので初めての人には難しいかも。他の解説を見てから作りましょう。

ざっくりとした説明なので初めての人には難しいかも。他の解説を見てから作りましょう。

パッケージ裏側の解説は、かなり詳細です。これをしっかり見ておけば失敗はないと思います。

画像: 「あんかけの素はフタの上であたためない」という注意書き。ユーザーの心理を深く把握しています。

「あんかけの素はフタの上であたためない」という注意書き。ユーザーの心理を深く把握しています。

せっかくなので、内蓋の解説も見てみましょう。内蓋では作り方を5ステップに分けていて、かなり丁寧な説明です。ここでも赤字で「あんかけの素はフタの上であたためない」の注意書きがあります。

画像: 「あんかけの素」をフタの上で温めてはいけない理由(だまになりやすい)が書いてあります。

「あんかけの素」をフタの上で温めてはいけない理由(だまになりやすい)が書いてあります。

それでは実際に作っていきましょう。内蓋を開けると、あんかけの素と、かやくの袋が入っています。

画像: ここでは内蓋を全部はがしてはいけません。

ここでは内蓋を全部はがしてはいけません。

2つの袋を取り出します。

画像: あんかけの素の袋にも「フタの上であたためないでください」の注意書きが。

あんかけの素の袋にも「フタの上であたためないでください」の注意書きが。

かやくの袋だけ開けて、カップの中に入れます。

画像: けっこう野菜たっぷりの印象です。

けっこう野菜たっぷりの印象です。

カップの内側にある上の線まで、熱湯を注ぎます。

画像: 容器の内側には、線が2本あります。ここでは上の線までお湯を注ぎましょう。

容器の内側には、線が2本あります。ここでは上の線までお湯を注ぎましょう。

フタをして3分待ちます。このときにくれぐれも、「あんかけの素」をフタの上に乗せて温めてはいけません。また、のちほど再度170mlの熱湯を注ぐので、お湯の残りもチェックしておきましょう。

画像: このとき「あんかけの素」をフタの上にのせたくなる気持ち、すごくわかります。

このとき「あんかけの素」をフタの上にのせたくなる気持ち、すごくわかります。

3分経ったら、湯切り口をはがしてお湯を切ります。

画像: ここまでは普通のカップやきそばと同じです。

ここまでは普通のカップやきそばと同じです。

湯切りが終わったら、フタを全部はがして、今度は容器の下の線まで(約170ml)のお湯を注ぎます。

画像: 2度目の注湯。今度は下の線までです。

2度目の注湯。今度は下の線までです。

「あんかけの素」を、できるだけ均一になるように麵の上に掛けます。

画像: 仕上がりへの期待が高まります。

仕上がりへの期待が高まります。

とろみがつくまで30秒以上かき混ぜると完成です。

画像: だまにならず、滑らかに混ざりました。

だまにならず、滑らかに混ざりました。

やきそば弁当 小樽あんかけ風を試食!

間違いなくあんかけやきそば!うまい!しかし、なにかが足りない……

完成した「やきそば弁当 小樽あんかけ風」ですが、予想以上にしっかりととろみも付いていますし、食欲をそそる香りもします。

しょうゆとオイスターソースを使った甘めのあんかけソースは、しっかりと麵にからみ、食べ応えもあり、十分においしい。しかし、なにかが足りない……。よくできているのに、パンチが弱いのです。

画像: 商品名は「あんかけ風」ですが、しっかりあんかけ焼きそばに仕上がっています。

商品名は「あんかけ風」ですが、しっかりあんかけ焼きそばに仕上がっています。

あんかけ焼きそばといえば「味変」!各種調味料を試す

あんかけ焼きそばといえば、「味変」でしょう。そこで、①からし、②ソース、③酢といった、味変の定番を試しました。

①からし

間違いなく合います。カップ麵としては優しすぎる味なので、からしを使うと味にパンチが出て、よい感じです。

画像: さすが定番の組み合わせですね。

さすが定番の組み合わせですね。

②ソース

本来であれば、あんかけ焼きそばにはウスターソースだと思います。しかしながら、我が家の買いおきには、とんかつソースしかありませんでした。とんかつソースも、味がしっかり合っておいしいです。ただし、ウスターソースのほうが、より合うと思います。

画像: 次回はウスターソースで試したい。

次回はウスターソースで試したい。

③酢

最後は酢です。酢も、あんかけ焼きそばの味変の定番ですね。今回は、マイルドな黒酢を使ってみました。もちろん、おいしいです。特に、後半戦をさっぱりと食べたいときは、酢をおすすめします。

画像: さっぱりした味になります。おいしいです。

さっぱりした味になります。おいしいです。

味の感想

「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は優しくさっぱりした味で、とてもおいしく食べられます。

しかし、カップ麵に必要な「食べることが後ろめたいような味のインパクト」がないことも事実です。筆者の場合、カップ焼きそばを食べるときは、あの濃いソースにさらにマヨネーズを追加。ただでさえ高めのカロリーと濃いめの味を、よりバージョンアップします。「いけないとわかっているのに、やめられない」的な後ろめたさが、ある意味、カップ麵の醍醐味(だいごみ)だと思っているところがあります。そんな筆者にとって「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は、少し優しすぎるのです。

ただ、くり返しになりますが、「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は、カップ麺とは思えないレベルで、あんかけ焼きそばを完成させています。一度食べてみる価値はあります。

まとめ

限定発売の新商品でインパクト最強の北海道土産

「やきそば弁当 小樽あんかけ風」は、ほかの「やきそば弁当」と同じように北海道限定、しかも今年の9月に発売されたばかりです。さらに、その特殊な作り方も含めインパクトは最強。いま北海道のお土産にセレクトするなら、ノーマルの「やきそば弁当」よりも「やきそば弁当 小樽あんかけ風」でしょう。筆者も普段食べるならノーマルの「やきそば弁当」、お土産なら「やきそば弁当 小樽あんかけ風」を選択します。手軽な北海道のお土産で悩んだら、ぜひ「やきそば弁当 小樽あんかけ風」をセレクトしてみてはどうでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.