ホンダは、2020年度中に発売を予定する新型「レジェンド」に、高速道路の渋滞時に自動運転「レベル3」で走行できる「トラフィック・ジャム・パイロット」を搭載する。世界で初めて国土交通省の型式指定も受けた。また、自動車保険でも、東京海上日動がレベル3の運転中に発生した事故に対し、等級減の対象にしないと発表。

※本記事に掲載の価格は、税込みの車両本体価格または実売価格例です。

世界初の自動運転レベル3指定。ホンダ・レジェンドの新装置が話題!

ホンダは、2020年度中に発売を予定する新型「レジェンド」に、高速道路の渋滞時に自動運転「レベル3」で走行できる「トラフィック・ジャム・パイロット」を搭載する。世界で初めて国土交通省の型式指定も受けた。

自動運転「レベル3」は"条件付き自動運転"だ!

ホンダ レジェンド

画像: 新型レジェンドに続いて、今年は輸入車を含めレベル3の型式指定を受ける車種が相次いで登場する見込みだ。

新型レジェンドに続いて、今年は輸入車を含めレベル3の型式指定を受ける車種が相次いで登場する見込みだ。

この機能は、高速道路や首都高などで時速30~50キロにおいて自動運転レベル3での走行が可能となるもので、この自動運転中、ドライバーはハンドル操作を含む一切をシステムに委ねられる。走行中でもドライバーはテレビなど動画映像を見られ、スマートフォンなどの操作をしてもかまわない。

レジェンドには高精度レーダー「LiDAR」を搭載

画像: 本田技研工業(株)提供

本田技研工業(株)提供

また、自動車保険でも、東京海上日動がレベル3の運転中に発生した事故に対し、等級減の対象にしないと発表。これは、業界初の試みとなる。

自動運転はレベル1から5まである!

画像: (国土交通省の資料を基に作成)

(国土交通省の資料を基に作成)

しかし、注意すべき点もある。レベル3ではシステムが対応できなくなれば、直ちにドライバーが運転を引き継がなければならない。そのため、システムにはドライバーが運転を引き継げる状態にあるかを監視する仕組みが搭載される。

システムが引き継げないと判断すれば、警報を発し、10秒後には自動停止されてしまう。さらに、暴風雨や降雪時、視界が確保できない悪天候下では作動しないなど、現状のレベル3では完全な自動運転には程遠い。これは、将来の自動運転へ向かう一里塚と考えるべきだろう。

レベル2でもハンズオフ走行。公共交通機関への展開にも注目

一方で「レベル3」とまではいかないものの、それに近い機能を搭載したクルマはすでに登場している。スバルは、新型レヴォーグに搭載した「アイサイトX」で渋滞時のハンズオフ走行を実現。レジェンド同様、ドライバーの視線を常に監視し、運転を引き継げる状態にあるかをチェック。この機能はドライバーの異常を判断することにも活用されている。

センサー能力を高め、検知範囲を広げて安全運転

スバル レヴォーグ/348万7000円~

画像: 新世代「アイサイト」ではカメラの解像度を倍増させ、画角を広げても遠方までとらえられるようになった。ミリ波レーダーも併用して、前方の横方向まで監視できるようにした。

新世代「アイサイト」ではカメラの解像度を倍増させ、画角を広げても遠方までとらえられるようになった。ミリ波レーダーも併用して、前方の横方向まで監視できるようにした。

画像: レベル2でもハンズオフ走行。公共交通機関への展開にも注目

日産「スカイライン」やレクサス「LS」でも高速道でのハンズオフ走行を実現。LSは首都高速など都市高速でもこれを可能にした。公共交通機関でも、自動運転の導入が進む。茨城県境町では2020年11月、ソフトバンクの子会社BOLDLY(ボードリー)や半導体商社のマクニカと協力し、フランスから輸入した9人乗りの自動運転バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を3台導入。市街地を定時・定路線での運行を開始した。西武バスも群馬大学と協業し、営業路線を使った大型バスの実証実験を2021年2月より始め、あいおいニッセイ同和損保による自動運転下の保険のサポートも行っていく。自動運転は、着実な広がりを見せ始めている。

公共交通機関による自動運転の例

運営開始時期内容
羽田みらい開
発、鹿島建設、
BOLDLY、マ
クニカなど
2020年
9月18日~
「HANEDA INNOVATIONCITY」
(東京都大田区)にて、通常の
ハンドル・ブレーキを搭載しな
い⾃律⾛⾏バスが定期運行開始。
茨城県境町、
BOLDLY、マ
クニカ
2020年
11月26日~
茨城県境町が、自治体として初
めて自動運転バスの公道での定
常運行を開始。
西武バス、群
馬大学、日本
モビリティ等
2021年
2月~
埼玉県飯能市で、通常の営業運
行をする路線バスと同じ大型バ
スで自動運転の実証実験を行う。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/会田肇 (自動車評論家)

This article is a sponsored article by
''.