実際に、Alexa搭載スマートサウンドバー「REACT(リアクト)」を自宅のリビングに設置してみた。スマホアプリを利用し、本機に貼付されているQRコードをスキャンするだけでWi-Fi接続が完了。本体の高さは57ミリで、テレビ前に置いても画面を遮らず、背面端子は内側に収まっているので場所を取らず、また壁掛け設置も可能だ。

Pick UP!
老舗ブランドが送り出す機能充実のスマートサウンドバー

張りのあるセリフが魅力的!センタースピーカーのようにクリアで力強い

Polk Audio
Alexa搭載スマートサウンドバー
REACT

実売価格例:2万9700円

画像: 【主な仕様】 ●ドライバー/96㎜×69㎜ウーハー×2、25㎜ツイーター×2、110㎜×100㎜パッシブラジエーター×2 ●音声入力/HDMI(ARC)、光デジタル ●対応音声フォーマット/Dolby Digital、DTS、リニアPCM ●Bluetooth/SBC、AAC ●電源/AC100V ●サイズ/幅864㎜×高さ57㎜×奥行き121㎜ ●重量/2.9kg

【主な仕様】
●ドライバー/96㎜×69㎜ウーハー×2、25㎜ツイーター×2、110㎜×100㎜パッシブラジエーター×2
●音声入力/HDMI(ARC)、光デジタル
●対応音声フォーマット/Dolby Digital、DTS、リニアPCM
●Bluetooth/SBC、AAC
●電源/AC100V
●サイズ/幅864㎜×高さ57㎜×奥行き121㎜
●重量/2.9kg

Wi-Fiを内蔵し、Amazon Alexaに対応

Polk Audio(ポークオーディオ)は、ホームシアターの本場といわれるアメリカおよび北米を中心に人気のスピーカーブランド。日本ではなじみが薄いが、実は、1972年に創業した老舗であり、日本では現在、ディーアンドエムホールディングスが自社ブランドとして展開している。

筆者は仕事柄、国内外で何度か同社のスピーカーを体験しているが、まさにアメリカンサウンドと思えるもの。ゆったりとした鳴りっぷりのよさが特徴で、映画や音楽をリラックスして楽しめる。自宅での時間、家族との時間を大切にする発想もアメリカンで、今の日本にも当てはまるだろう。

このREACT(リアクト)は、昨年、国内販売を開始したサウンドバー、SIGNA(シグナ)S3に続く、Polk Audioの国内第2弾で、Wi-Fiを内蔵し、Amazon Alexaに対応した。

天面のボタンはEcho Dotなどと同じ配置

画像: Amazon Alexaに対応。音声操作でスマートスピーカーとして使用できるほか、本機のみでAmazon Musicの再生も可能。

Amazon Alexaに対応。音声操作でスマートスピーカーとして使用できるほか、本機のみでAmazon Musicの再生も可能。

HDMI入力端子を搭載して、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応するなど機能も充実。

画像: HDMI端子を備え、ARCに対応しているので、対応テレビの音声をすべて本機から再生可能。

HDMI端子を備え、ARCに対応しているので、対応テレビの音声をすべて本機から再生可能。

それでいて、価格は約3万円と、他社の同クラス製品と同じ水準に抑えられている。Polk Audioならではのプレミアムサウンドが体感できるなら、お買い得で魅力的な製品といえるだろう。

画像: HDMIコントロール(CEC)に対応したテレビなら、テレビのリモコンで本機の音量調整もできる。

HDMIコントロール(CEC)に対応したテレビなら、テレビのリモコンで本機の音量調整もできる。

質実剛健で、本物のシアター体験ができる

実際に、自宅のリビングで実機を設置してみた。スマホの「Amazon Alexa」アプリを利用し、本機に貼付されているQRコードをスキャンするだけでWi-Fi接続が完了。「アメリカンなオーディオ」と聞くと、何となくルーズなイメージを抱く人も多いと思うが、完璧な最新仕様である。本体の高さは57ミリで、テレビ前に置いても画面を遮らず、奥行きは121ミリだが、背面端子は内側に収まっているので場所を取らず、また壁掛け設置も可能だ。

画像: スリムな形状に加え、奥行きや重量も抑えられ、壁掛け設置にも適している。ファブリック素材で覆われて、インテリアとのなじみもいい。

スリムな形状に加え、奥行きや重量も抑えられ、壁掛け設置にも適している。ファブリック素材で覆われて、インテリアとのなじみもいい。

驚くべきは、その音質。特に張りのあるセリフが魅力的で、ボーカルやアナウンスといった「声」は、シアターシステムでセンタースピーカーを設置したかのようにクリアで力強く、サウンドバーの概念を覆すレベルだ。低く深みのある良質な低域も特筆に値する。

この「声」と低音は、リモコンの独立したボタンで調整することができるのも特徴。eARCやDolby Atmos(ドルビーアトモス)といったはやりの機能は搭載していないが、質実剛健で本物のシアター体験ができる好製品である。

※価格は記事作成当時のものです。

◆解説/鴻池賢三(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.