ソニーの薄型テレビ「BRAVIA」の2021年モデルが発表された。有機ELのA90J、A80Jシリーズ、液晶テレビのX95J、X90J、X85J、X80Jの6シリーズとなる。上位4シリーズには、新しい高画質・高音質エンジンとなる「認知特性プロセッサー『XR』」を搭載。自然な映像と臨場感豊かな音で、圧倒的な没入感を実現するという。そして、多くのシリーズで4K/120p表示などに対応するなど、次世代ゲーム機などで採用された新技術にも対応している。

価格と発売日

A90Jシリーズ

83V型 XRJ-83A90J 7月10日発売 市場想定価格:110万円前後
65V型 XRJ-65A90J 5月1日発売 市場想定価格:55万円前後
55V型 XRJ-55A90J 5月1日発売 市場想定価格:38万5000円前後

画像: XRJ-65A90J

XRJ-65A90J

A80Jシリーズ

77V型 XRJ-77A80J 6月26日発売 市場想定価格:66万円前後
65V型 XRJ-65A80J 6月12日発売 市場想定価格:47万3000円前後
55V型 XRJ-55A80J 6月12日発売 市場想定価格:30万8000円前後

画像: XRJ-65A80J

XRJ-65A80J

X95Jシリーズ

85V型 XRJ-85X95J 6月12日発売 市場想定価格:60万5000円前後
75V型 XRJ-75X95J 6月19日発売 市場想定価格:47万3000円前後
65V型 XRJ-65X95J 7月31日発売 市場想定価格:35万2000円前後

画像: XRJ-65X95J

XRJ-65X95J

X90Jシリーズ

75V型 XRJ-75X90J 5月22日発売 市場想定価格:38万5000円前後
65V型 XRJ-65X90J 5月1日発売 市場想定価格:29万7000円前後
55V型 XRJ-55X90J 5月1日発売 市場想定価格:26万4000円前後
50V型 XRJ-50X90J 4月24日発売 市場想定価格:20万9000円前後

画像: XRJ-65X90J

XRJ-65X90J

X85Jシリーズ

75V型 KJ-75X85J 6月19日発売 市場想定価格:33万円前後
65V型 KJ-65X85J 6月19日発売 市場想定価格:25万3000円前後
55V型 KJ-55X85J 6月19日発売 市場想定価格:19万8000円前後
50V型 KJ-50X85J 6月19日発売 市場想定価格:17万6000円前後
43V型 KJ-43X85J 6月19日発売 市場想定価格:16万5000円前後

画像: KJ-65X85J

KJ-65X85J

X80Jシリーズ

65V型 KJ-65X80J 4月24日発売 市場想定価格:15万4000円前後
55V型 KJ-55X80J 4月24日発売 市場想定価格:12万1000円前後
50V型 KJ-50X80J 5月22日発売 市場想定価格:10万5000円前後
43V型 KJ-43X80J 5月22日発売 市場想定価格:9万2000円前後

画像: KJ-65X80J

KJ-65X80J

上位モデルの4シリーズ(A90J、A80J、X95J、X90J)は型番がXRJとなり、これまでのものとは変更になった。X85J、X80Jシリーズは従来と同じKJで始まる型番となっている。

上位モデルの一番の特徴は、認知特性プロセッサー「XR」の搭載となる。各シリーズで使用する表示パネルやLEDバックライト方式、内蔵スピーカーなどに違いがあるが、地上/BS/CSデジタルチューナー3基、4KBS/CS衛星チューナー2基の内蔵やテレビ録画機能、Android TV OSの搭載などの基本機能は同じだ。

認知特性プロセッサー「XR」とは

BRAVIA XRシリーズとなる、A90J、A80J、X95J、X90Jに搭載

大きな特徴である認知特性プロセッサー「XR」は、新開発の高画質・高音質エンジン。「XR Picture」では、映像を複数のゾーンに分割し、色やコントラストに加えて人間が映像を認知する仕組みを採り入れた「注視点」という要素を加えて検出。また、それぞれの要素を横断的に分析して自然な映像を出力するという。従来は画面単位で映像を検出し、各要素はそれぞれ個別に分析しており、人間の脳が映像を認識するときと近い映像処理を行うことが大きな違いだ。

大きなポイントである「注視点」は、映像の色や明るさ、動きなどの要素の量から、人間の目が注目しやすい部分を検出する独自のアルゴリズムを採用。画面の中で注目しやすい部分を検出し、その部分を特に精細度や色再現を高めることで、人間の感性に合った映像の高画質化を可能にしている。

高音質化技術である「XR Sound」では、音声信号の処理を従来よりもさらに高精度化。さらに、それぞれのシリーズで採用する内蔵スピーカーの設計と合わせて音の定位感を向上。さらに、独自の「3D Surround Upscaling」により、モノラル音声を除くあらゆる音声を5.1.2chにアップコンバートして再現する。高さ感を持った3Dサラウンド音声で、臨場感豊かな再現を実現した。

高画質技術「XR OLEDコントラストプロ」とは

A90Jシリーズに搭載された新技術

A90Jシリーズには、独自技術の有機ELパネルで鮮やかな明るさとコントラストを実現する「XR OLEDコントラストプロ」を搭載している。有機ELパネルの背面に装着される放熱板を放熱用アルミシートとするなど、独自に設計。また温度センサーも内蔵し、映像表示時のパネルの温度分布を検知する。これらの情報を認知特性プロセッサー「XR」で処理することにより、有機ELパネルの能力を最大限に引き出すという。焼き付きの問題を抑えながら、より明るく高コントラストな映像を実現できたほか、明るい部分での発光時、従来はWRGBのうちのW(白色)のみ点灯していたが、A90JシリーズではWRGBの全色同時点灯を可能にしている。真っ白に近い明るいシーンでも微妙な色再現が可能になっているわけだ。なお、A80Jシリーズは通常仕様の有機ELパネルとなるが、認知特性プロセッサー「XR」によりパネル性能に最適化した高画質化が行われているのは同様だ。

内蔵スピーカーはA90J、A80Jともに「Acoustic Surface Audio+」を搭載。A90Jシリーズは背面のウーファーが2基となる2.2ch構成でアンプ出力は60W。A80Jシリーズは背面のウーファーが1基の2.1ch構成でアンプ出力は30Wとなる(77V型のみアンプ出力は50W)。

画像: A90Jシリーズに採用されているアクチュエーター。有機ELパネルに装着され画面から音を出す。

A90Jシリーズに採用されているアクチュエーター。有機ELパネルに装着され画面から音を出す。

画像: A90Jの背面に内蔵されるサブウーファー。

A90Jの背面に内蔵されるサブウーファー。

このほか、スタンドはA90Jの83V型とA80Jシリーズが3パターンのスタンド形態を選択できる3wayスタンドを採用。A90Jシリーズの65/55V型は2wayスタンドとなっている。

X95Jシリーズは大画面でも見やすい液晶パネルを採用

4K液晶シリーズの最上位機となるX95J/X90Jシリーズは、認知特性プロセッサー「XR」搭載に加えて、液晶パネルは倍速駆動パネルに直下型LED部分駆動を採用。X95Jシリーズでは、さらに液晶の視野角を改善する独自技術である「X-Wide Angle」、そして画面の写り込みを低減する新技術「X-Anti-Reflection」を搭載する(65V型は非搭載)。斜めから見たときの視野角によるコントラストや色再現の低下を抑えるだけでなく、外光などの影響による映り込みも低減し、大画面での視聴の快適さを高めている。

X85Jシリーズは、液晶パネルに倍速駆動パネルを採用し、LEDバックライトはエッジ型となる。高画質エンジンは従来からの「HDR X1」となる。X80Jシリーズは液晶パネルが等速駆動パネル(60Hz)となる点が主な違いだ。

内蔵スピーカーは、X95J/X90Jが画面下部のスピーカーに加えて、背面の上部に備えた専用トゥイーターも備える「Acoustic Multi-Audio」を採用。画面と一体化する音の再現を可能にし、音の定位もさらに高めている。X95Jはさらに背面にサブウーファーを内蔵し、駆動するアンプもマルチアンプ駆動となっている。X85J/X80Jシリーズは、画面下部に内蔵する「X-Balanced Speaker」となる。

BRAVIA XRシリーズには「Google TV」を新搭載

認知特性プロセッサー「XR」搭載のBRAVIA XRシリーズ(A90J/A80J/X95J/X90Jシリーズ)では、Android TV OSの新しいユーザーインターフェース「Google TV」を採用する。従来はテレビ放送のチャンネルや録画番組、動画配信サービスといったサービス別の表示だったが、「Google TV」では作品を軸とした表示となっている。特定の作品を検索すれば、テレビ放送や各動画配信サービスから横断的に検索を行い、コンテンツを探してくれる。

また、よく見る番組や、これまでに見た番組や映画の履歴など、ユーザーの操作をAIが学習してユーザーに最適化したカスタマイズやおすすめ番組の紹介などが行われるという。

画像: Google TVの新しいメニュー画面。※画面はイメージです。

Google TVの新しいメニュー画面。※画面はイメージです。

BRAVIA XR購入者特典に映画を楽しめる新サービス

BRAVIA XRシリーズ(A90J/A80J/X95J/X90Jシリーズ)では、「BRAVIA CORE」という新サービスも用意されている。これはBRAVIA XRシリーズの購入者特典で、ソニー・ピクチャーズの最新の映画や過去の名作などを楽しめるというもの。最新の映画は10本まで視聴可能で、有効期限は1年間。また、過去の名作については2年間見放題になる。

画像: BRAVIA COREの新しいメニュー画面。※画面はイメージです。

BRAVIA COREの新しいメニュー画面。※画面はイメージです。

独自のストリーミング技術により、80M~100Mbpsの高転送レートによる高画質・高音質を実現したほか、IMAX Enhanced対応コンテンツもラインアンプするほか、映画の舞台裏を楽しめるメイキングやインタビューなどを楽しめる「スタジオアクセス」も用意される(現時点では英語音声のみ)。BRAVIA XRシリーズのユーザーが購入してすぐに最新の4Kコンテンツや映画を楽しめるようにしたサービスだ。最新の映画が10本楽しめるというだけでも、お得な特典と言えるだろう。

次世代ゲームもOK!PS5などの4K/120p表示にも対応

A90J/A80J/X95J/X90J/X85Jシリーズでは、PS5などで楽しめる4K/120p表示にも対応する。HDMI2.1で規定されるゲーム機との関連機能をサポートしている。対応する機能は、4K/120p表示、VRR(可変転送レート)、ALLM(自動低遅延モード)、eARCとなる。ただし、VRRは発売後のソフトウェアアップデートによる対応となる。次世代ゲーム機のプレイも楽しみたいという人にも、安心のスペックとなっている。

まとめ

BRAVIA XRシリーズの高画質・高音質の進化も楽しみだが、「Google TV」や「BRAVIA CORE」といった新機能も実に魅力的だ。テレビで楽しめるさまざまなサービスがより快適になり、高画質な映画コンテンツなどをいっそう気軽に鑑賞できるようになっている。テレビ放送の受像機だけではなく、さまざまなサービスを統合的に楽しめるものとして、新しいテレビの在り方を提案している。これからの時代のためのテレビとなるはずだ。

This article is a sponsored article by
''.