アイリスオーヤマが再発見したのは、かまどで炊いた時、お米の上下が入れ替わるほどの対流は起こっていなかったということです。つまり、かまどで炊くお米は「おどらない」ということ。アイリスオーヤマが培ってきた技術で炊飯器の内釜に工夫を凝らすことで、美味しいお米を炊くことを可能にしたのです。この夏の目玉商品「瞬間真空釜炊飯器」をご紹介します。

アイリスオーヤマの最新炊飯器「瞬熱真空釜炊飯器」

アイリスオーヤマは時々、目を見張るような家電を出してきます。昨年販売されたテレビもそうでした。高齢者に多い白内障でも見やすいというモードを付けました。例えそんなニーズがあったとしても、テレビメーカーがするべきことは、放送局が意図した画を、指定画質で正確に映し出すことですから、全メーカーが足を踏み入れなかった領域です。これは視点をより広くとっているからで、絞り込み=尖った商品(競争力のある商品)ができるとしてきたメーカーからすると論外なモードなのですが、白内障を治療するまでの一時しのぎとしては、ある商品です。

今回の炊飯器も同様です。地元を大事にするのがアイリスオーヤマ流。本社は宮城県仙台市にあります。東日本大震災の後は、特に頑張っており、事業内容も多岐に渡ります。

そんななか、彼らが手掛ける事業の一つに精米業があります。米どころの一つである東北の農家を手助けしようというわけです。しかし、日本の食文化は大きく様変わりしました。主食が白米ということに変わりはないのでしょうが、多様化の一途を辿ります。昔、「お金がないけどお腹を膨らましたい」と男子学生が食べていたラーメン・ライスなどは、炭水化物&炭水化物として、低糖質が叫ばれる現代社会ではなかなか受け入れられませんね。お米ファンを増やす必要があります。

その精米業をサポートする家電というと炊飯器。誤解される言い方になるかもしれませんが、彼らが目指しているのは、お米をタップリ食べたくなるように炊ける炊飯器です。そして発表されたのが、とんでもない炊飯器。名付けて「瞬熱真空釜炊飯器」。なんだ、「圧力IH炊飯器」かと思ってはいけません。今回の「真空」は「釜」にかかるのです。「瞬熱真空釜」。古(いにしえ)のラジオドラマ「赤胴鈴之助」の必殺技「真空斬り」、キックの鬼と言われた「真空飛び膝蹴り」よろしく、古式ゆかしい凄みを感じますが、一体どんな製品なのでしょうか?

画像: 瞬熱真空釜IH ジャー炊飯器 www.irisohyama.co.jp

瞬熱真空釜IH ジャー炊飯器

www.irisohyama.co.jp
画像: 瞬熱真空釜「知りませんよ」篇 15秒CM youtu.be

瞬熱真空釜「知りませんよ」篇 15秒CM

youtu.be

宮城米「ササニシキ」が新潟米「コシヒカリ」に敗れた理由

今、日本を代表するお米の銘柄をあげるとなると「コシヒカリ」でしょう。その前は「ササニシキ」でした。逆転は、1982年(昭和57年)。NHKの「プロジェクトX 挑戦者たち そして、風が吹いた うまいコメが食べたいコシヒカリ - ブランド米の伝説」にもなった位です。

いろいろな理由が指摘されていますが、一つには、家庭料理が変わったことが挙げられます。日本の家庭料理が、昔ながらの日本食(和食)からハンバーグなど西洋家庭料理に切り替わった、つまり味が濃くなったのです。その上、世の中はどんどんリッチになって行き、おかずの量が増えます。胃袋の大きさは同じですから、ご飯量は減ります。つまり、少量でイイお米。つまり味が濃いお米が支持される様になったわけです。トマトケチャップをはじめとする西洋の濃厚なソースに比べると、日本は薄味系。それでも醤油を大量に使ったりして強めの味付けにしてあるのは、おかずの量を節約、お米をたっぷり食べるためでした。ササニシキは、あっさり味の食べやすいお米で、和食に合います。たっぷり食べられます。一方、コシヒカリは、甘味がよく出た品種で、西洋料理にも太刀打ちできます。このためコシヒカリが勝ったのですが、一人当たりのお米を食べる量は減りました。それが今の状況です。

かまど炊きでお米はおどらない

かまど炊きは高パワー!

さて、炊飯器メーカーは全メーカーが「かまど炊き」を規範にしています。火で羽釜で炊く方法です。その炊き方は、「はじめちょろちょろ中ぱっぱ、じゅうじゅう吹いたら火をひいて、ひと握りのワラ燃やし、赤子泣いてもふた取るな。」です。この中で、ちょっと違和感があるのは、「ひと握りのワラ燃やし、」という一節でしょうね。ひと握りのワラで、どれほどの火力になるっていうのでしょうか?最後の用は足りるのでしょうか?

歌に歌われるくらいですから、当然用は足ります。ワラが燃えるときの温度が幾らあるのかは分かりませんでが、最低でも600℃はあるでしょう。火というものは、それほどパワーがあるのです。火のエネルギー量からすると、IHと言えども火力は弱めと言わざるを得ません。的確に効率よく、だとIHに軍配があがるのですが、瞬発力となると火のパワーには勝てません。

羽釜は、羽でかまどの口にひっかけます。その下は火。火は底だけでなく、横にも回ります。かまどは火という貴重なエネルギーをフルに使う知恵でもあるのです。

そしてアイリスオーヤマが再発見したのは、かまどで炊いた時、お米の上下が入れ替わるほどの対流は起こっていなかったということです。

お米は炊く時に「おどる」と言われています。確かに鍋で炊いた時には盛大におどります。理由は底が熱くなり上下のお湯を伴う熱移動が起こるため、そのお湯の移動によりお米が大移動するからです。何度か実際に見てみましたが、お米はおどるように移動します。

ところが、かまどの場合は、底面と同時に横面も熱くなります。熱伝導だけでなく、火が横からも回るからです。そうするとどうなるか。水が均等に温められるので、沸騰はするのですが、対流がほとんど起きない。水の移動がないため、お米は沸騰により揺らぎはしますが、上下への移動はしないのです。

画像1: www.irisohyama.co.jp
www.irisohyama.co.jp

ではこの違いで、何が違ってくるのでしょうか?

それはお米の傷つき方です。お米は固いです。水に入れておきますと、水を吸いやや柔らかくなりますが、それでも固いと言ってもイイ位です。それが上下に動くということは、縦型洗濯機と同じことが起きます。縦型洗濯機は、衣類を移動させることにより、衣類同士の擦れ、撹拌槽への擦れを利用して汚れをこそぎ落とします。底の熱が一番高いというのは、対流によりお米同士を激突させるようなモノです。そうなるとお米は傷つき、水が侵入。中身の旨味が外に漏れ出します。粘りが強くなります。ただし噛んだ時の甘みは少なくなります。その一方、粒立ちが弱くなります。味はそれなり、食感の悪い米になるのです。

これがかまど炊きと炊飯器の差となります。かまどのように味もイイし、食感もイイというのは中々なりにくいのです。最近の炊飯器の中には、横からもIHで加熱するモデルもあります。また、内釜は伝熱が速く、蓄熱性の高い内釜が当たり前になりつつあります。このため、炊飯器の弱点を最小に抑えています。実際、全社の2021年フラッグシップモデルを借りて試食しましたが、味だけでなく粒立ちも十分よく、各社この点に、十分な配慮していることが確認できました。

瞬時に温度を伝える「瞬熱真空釜」の仕組み

横からの熱が必要なことに対して、アイリスオーヤマは、内釜の温度を常に瞬時に均一化することにしました。それが「瞬熱真空釜」です。

画像2: www.irisohyama.co.jp
www.irisohyama.co.jp

内釜の内部はくり抜かれ、厚さ4mmの真空空間があります。そこに作動液を入れます。底面から熱を受けると作動液は蒸気化し、内釜の隅々まで熱を伝えます。熱を伝えると作動液はまた液化しますので、また底に溜まる。それを繰り返すわけです。

画像: 瞬熱真空釜沸騰 youtu.be

瞬熱真空釜沸騰

youtu.be

なぜ、この仕組みを採用したのかというと、彼らが照明を自社で作っているからです。LEDは石ですから長寿命の光源ですが、熱でいろいろな部分が劣化します。つまりLED本来の良さを享受し続けるためには放熱が重要となります。このため、彼らは、LEDの熱を瞬時に外に放出する技術、「ヒートパイプ」技術を持ちます。「瞬熱真空釜」は、その応用です。

コロナ禍で試食はなかったのですが、五ツ星お米マイスター 西島豊造氏のコメントでは、味と食感ともにイイこと、そして朝食に持ってこいの炊き上がりとのことでした。

まとめ

お米の美味しさを再発見できそうな目玉家電

「瞬熱真空釜 IHジャー炊飯器 5.5合」は、8月6日にオープン価格で販売される予定です。参考価格は、54,780円(税込)。ホームセンターなどで頑張るアイリスオーヤマが、価格的についに高級炊飯器に乗り込んできたと言えます。しかしアイリスオーヤマは、炊飯器で利を上げることをあまり意識していません。もっぱら「お米」のためなのです。

日本は、そんなに豊かな国ではありません。米、大豆、小豆で、豊かな食生活を送ることができるよう、工夫されてきました。大豆は、納豆、豆腐、味噌、醤油などで、食卓を盛りあげます。小豆は甘味ですね。西洋菓子が小麦粉と卵と牛乳で、いろいろなものを作るなら、和菓子は小豆です。しかし、なんと言っても主役は「お米」。「味」も「食感」にも優れたご飯で、ユーザーを魅了するには、かまどに近い炊飯器が必要と考えたわけです。伊達藩 六十二万石、宮城米の再発見ができそうな、「瞬熱真空釜」は、この夏の目玉家電といえます。

画像: 実はかまどで炊くお米はおどらない!?アイリスオーヤマの最新炊飯器「瞬熱真空釜」が他メーカーの高級炊飯器と異なる点
【予約】瞬熱真空釜 IHジャー炊飯器5.5合 RC-IF50-B ブラック ※8月上旬頃発送予定 H285286F│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト
※8月上旬頃発送予定 かまど炊きの美味しさの秘訣は、かま全体を炎で包み込み均一に加熱すること。瞬熱真空釜(R)はこれを再現!粒立ちがよく艶感のある美味しいご飯に!【商品コード:H285286F】

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.