LOGOSは、たき火はもちろんBBQ(バーベキュー)や鍋料理など幅広く活躍する、窓から炎が見えるBOX型のたき火台「LOGOS グレートたき火グリル」を発売した。主な特徴は、本体の前後にワイヤーメッシュが施された大きな窓があること。この窓を採用したことにより、火の粉が飛び散ることを防ぎながらも炎のゆらめきを楽しめる。

ロゴス
LOGOS グレート焚き火グリル

●価格:5万3900円

窓から炎が見える!BBQや焚き火料理もできるBOX型焚き火台

アウトドアブランドの「LOGOS」は、焚き火はもちろんBBQや鍋料理など幅広く活躍する、窓から炎が見えるBOX型のたき火台「LOGOS グレートたき火グリル」を発売した。

画像: 窓から炎が見える!BBQや焚き火料理もできるBOX型焚き火台

調理中も炎のゆらめきを楽しむことができるBOX型のたき火台「LOGOS グレートたき火グリル」は、固定バーや極厚のゴトク付きだから、薪を使った焚き火料理など、いろいろな調理をすることが可能だ。また、BBQが楽しめる焼網も付属。燃料はサイドから継ぎ足しができる便利な仕様になっている。

主な特徴は、本体の前後にワイヤーメッシュが施された大きな窓があり、火の粉が飛び散ることを防ぎながら炎のゆらめきを楽しめること。同時に2個以上の調理器具が置ける極厚のゴトクも付属しているから、効率良く調理できるほか、ゴトク中央のホールには別売のラージシェラカップやひとり羽釜土鍋がセットできる。炊き込みご飯やカップ麺など幅広い調理をすることも可能だ。

画像: 画像にある鍋は付属していません。

画像にある鍋は付属していません。

「LOGOS グレートたき火グリル」の本体は分厚いステンレス製で、頑丈でサビにくく耐久性に優れていてる。また、パーツごとに分解できるから簡単に手入れすることもできる。組立て時はスタンドを広げてパーツを重ねるだけのため、アウトドア初心者でも使いやすくできている。使わない時はコンパクトに収納できる専用の収納バッグ付き。サイズは、組み立て時、幅415ミリ、奥行き265ミリ、高さ280ミリ、総重量は、約6.7キロ。

画像: 内容: BOX型たき火台、焼網、ゴトク、収納バッグ 主素材 : ステンレス、スチール

内容: BOX型たき火台、焼網、ゴトク、収納バッグ
主素材 : ステンレス、スチール

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.