【ミヤタサイクル】通勤・通学・街乗りに最適!インチューブバッテリーを搭載したクロスバイクタイプのE-BIKE

スポーツ・アウトドア

ミヤタサイクルは、E-BIKEの新タイプとして、インチューブバッテリー搭載のEクロスバイク「CRUISE i 5080」とステップインインフレームを採用した「CRUISE i URBAN 5080」を発売する。また、リアにアシストユニットを搭載した、通勤・通学に最適な快速バイク「EX-CROSSe’22」も併せて発売する。

ミヤタサイクル
CRUISE i 5080/CRUISE i URBAN 5080/EX-CROSS e’22

●価格:CRUISE i 5080=31万3500円、CRUISE i URBAN 5080=34万6500円、EX-CROSSe’22=17万6000円

新機能を搭載した人気e-bikeモデルに新ラインナップが続々と登場!

ミヤタサイクルは、E-BIKEの新タイプとして、インチューブバッテリー搭載のEクロスバイク「CRUISE i 5080」とステップインインフレームを採用した「CRUISE i URBAN 5080」を発売する。

「CRUISE i 5080」は、バッテリーをダウンチューブ内に搭載しているのが特徴で、パッと見ただけでは、E-BIKEであるかが分からないような、スッキリとしたデザインになっている。アシストユニットにはシマノ製の「Shimano STEPS E5080」を採用しており、最大で約90kmのロングライドができる。

インチューブバッテリー搭載のシティコミューター Eクロスバイク

CRUISE i 5080 (ライトブルー/パールホワイト)

コンポーネントもシマノ製を使用しており、外装9段ギアの搭載により快適なライドが楽しめる。安全面にも配慮しており、前後ともに、シマノ製の油圧式ディスクブレーキを採用しているので、軽いタッチで制動できるほか、突然の雨の走行でも確実に制動することが可能だ。カラーは、ライトブルー/パールホワイトのほか、シルバー、ネイビーを用意している。フレームサイズは、43cmと49cmの2サイズ。

「CRUISE i 5080」の走行イメージ

「CRUISE i URBAN 5080」は、「CRUISE i 5080」同様、バッテリーをダウンチューブ内に搭載しており、さらに乗降性を向上させるためトップチューブを取り除いたステップインフレームを採用しているのが特徴だ。

インチューブバッテリー搭載のステップインモデル

CRUISE i URBAN 5080 (クリアブラック)

アシストユニットは、これも「CRUISE i 5080」同様にシマノ製の「Shimano STEPS E5080」を採用しているが、搭載するバッテリーの容量が「CRUISE i 5080」の10.0Ahに対して、「CRUISE i URBAN 5080」は11.6Ahのバッテリーを搭載しているので、最大走行可能距離は約105kmとなってる。ギアは、シマノ製の内装5段ギアを搭載し、ブレーキは、これもシマノ製で、「CRUISE i URBAN 5080」は、ハブローラーブレーキを採用している。マッドガードやスタンド、サークル錠などが標準で装備されるなど、街乗りに最適なモデルだ。カラーは、アイズブルーとクリアブラックの2色を用意している。フレームサイズは、42cmの1種類のみ。

標準でサークル錠が付属する

「EX-CROSSe’22」は、SR SUNTOUR製の後輪アシストユニットを搭載したモデルで、通勤・通学に最適なバイクになっている。ギアーは、シマノ製の外装8段ギアを採用。ブレーキは、油圧のディスクブレーキ(これは、シマノ製ではない)を使用しているので、通勤・通学にでもスポーティな走行を実現している。バッテリーは、8.7Ahとコンパクトサイズながら、最大で約72kmものロングライドが可能。サイドスタンドや泥よけ、サークル錠を標準で装備している。カラーは、クリアディープブルー、サテンシルバー、クリアブラックの3色を用意している。フレームサイズは、43cmの1サイズのみ。

リアモーターを採用した、通勤・通学に最適な快速バイク

EX-CROSS e’22 (サテンシルバー)

バッテリーは、8.7Ahとコンパクトサイズながら、最大で約72kmものロングライドが可能。サイドスタンドや泥よけ、サークル錠を標準で装備している。カラーは、クリアディープブルー、サテンシルバー、クリアブラックの3色を用意している。フレームサイズは、43cmの1サイズのみ。

SR SUNTOUR製リヤのドライブユニット

※価格は記事作成当時のものです。

スポーツ・アウトドア
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース