音響的に理想的な部屋はまず、防音。小さな音が周囲の騒音にかき消されず、システムの真価を発揮できる。それに、音漏れの心配がなければ大音量で楽しめる。部屋の寸法比と残響時間を考えると、和室の6畳間くらいが、ちょうどよかったりする。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

オーディオを聴くのにふさわしい部屋ってあるの?

こだわり度合いにもよるが、音響的に理想的な部屋は存在する。

まず、防音がしっかりしていると、小さな音が周囲の騒音にかき消されず、システムの真価を発揮できる。それに、音漏れの心配がなければ大音量で楽しめる。

低域の残響時間が長すぎるのは問題なので、コンクリートの打ちっぱなしなどは好ましくない。*部屋の寸法比も重要で、天井は高いほうが有利。

寸法比と残響時間を考えると、和室の6畳間くらいが、ちょうどよかったりする。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.