コンポの電源を入れるときは「アンプよりも遠い機器から」、切るときは「スピーカーに近いアンプから」が原則。「ブツッ」といったノイズ音でスピーカーを傷めてしまうおそれがあるからだ。聴き終わったらボリュームをゼロにする習慣をつけておくと、より安心・安全だ。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

コンポの電源の入れ方、切り方の作法を教えて

電源を入れるときは
アンプよりも遠い機器から

切るときは
スピーカーに近いアンプから

が原則。その理由は、プレーヤーなどは電源操作の瞬間に、「ブツッ」といったノイズ音(ポップノイズともいわれる)を発することがあり、これがアンプで増幅されてスピーカーを傷めてしまうおそれがあるから。

また、音楽を聴き終わったら、アンプのボリューム位置をゼロにする習慣をつけておくと、予想外のノイズ発生や大音量再生を予防でき、より安心・安全だ。ソース切り替え操作の際も、ボリュームをゼロにしよう。

画像: コンポの電源の入れ方、切り方の作法を教えて

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.