【JMGO】Android TV搭載4Kホームプロジェクター 日本初となる3色レーザー光源の採用で鮮やかな色彩を再現!

家電・AV

日本ビジネス開発は、JMGO(ジェイエムゴー)ブランドのAndroid TV搭載4Kホームプロジェクター「N1 Ultra(エヌワンウルトラ)」を5月15日に発売する。本製品は、Android TV(アンドロイドティーヴィー)搭載のホームプロジェクターとして日本で初めて日亜化学工業の3色レーザー光源「QuaLas RGB(クオラス アールジービー)」を内蔵しており、明るい場所でも鮮やかな色再現を実現している。ジンバル一体型設計の採用により、左右360°、上下135°の角度で自在に回転が可能となっている。

JMGO
N1 Ultra

●価格:28万3360円

日本ビジネス開発は、JMGO(ジェイエムゴー)ブランドのAndroid TV搭載4Kホームプロジェクター「N1 Ultra(エヌワンウルトラ)」を5月15日に発売する。本製品は、Android TV(アンドロイドティーヴィー)搭載のホームプロジェクターとして日本で初めて日亜化学工業の3色レーザー光源「QuaLas RGB(クオラス アールジービー)」を内蔵しており、明るい場所でも鮮やかな色再現を実現している。ジンバル一体型設計の採用により、左右360°、上下135°の角度で自在に回転が可能となっている。

本製品の最大の特徴は、Android TVを搭載したホームプロジェクターとして、日本で初めて3色レーザー光源「QuaLas RGB」を採用したこと。小型化技術により、3色レーザー光源をホームプロジェクターに搭載することに成功している。

最新技術の3色レーザー光源により、光効率を向上し、鮮やかな色彩を再現。

色再現性に優れており、次世代の色域規格BT.2020をほとんどカバーしている。 さらに、レーザー光源のデメリットである「スペックルノイズ」という映像がざらついてしまう現象を、独自技術である「ライトスペックル低減技術」(上下左右に高速で振動する板によって、1本1本の強いレーザー光を混ぜ合わせ、映像を滑らかにする)と日亜化学工業の高い波長制御技術によって映像のざらつきを抑えている。

次世代の色域規格BT.2020をほとんどカバーする。

本製品は、左右上下に回転することができるジンバル一体型設計となっており、左右360°、上下135°と非常に広い角度でレンズを向けることができる。さらに、シームレスな台形補正機能により、天井投射もできるなど、設置場所を選ぶことなく快適な利用が可能となっている。

左右360°の可動域があるジンバルスタンドが一体となっており、片手だけで最適な角度への調整が簡単に行える。

音質面にもこだわりをもっており、デンマークの高級オーディオメーカーDYNAUDIO(ディナウディオ)と協業した10Wスピーカーを2基搭載。本製品だけでホームシアターが楽しめる。

OSには最新のAndroid TV 11を搭載しているので、プロジェクター単体でさまざまな動画配信サービスを大画面で視聴することができる。Wi-Fiは、Wi-Fi 6対応。

ジンバル一体型設計と台形補正機能により、設置に手間取らず気軽に投射することができる(
設置イメージ)。

本体サイズは、幅241mm、奥行き203mm、高さ236mm。重さは、4.5kg。表示解像度は、4K(3840ドット×2160ドット)。推奨画面サイズは、100~150インチ。入力端子は、HDMI2.1×1。消費電力は、180W以下。

◆JMGO:「N1 Ultra」 の公式サイト。

※製品の価格及び仕様については、記事制作時のもので、その後諸事情により変更されている場合があります。

家電・AVエンタメ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース