【SDGs】薄く削った木をそのまま使った『Shiki bun 木のノートB6』。自然の木目と心地よい香りが贅沢

文房具

ナチュラルな木目プリントの紙と思っていたら、これは本物。『Shiki bun(しきぶん) 木のノートB6』は、信州伊那谷のアカマツを、紙のように薄く削って作った、木に直接書けるノートだった。

和の包装材としておなじみの経木(きょうぎ)を使った100%自然由来のノート

紙はパルプ材からできている。そのパルプの原料は木だということもよく知られている。「Shiki bun 木のノート」は、森林事業を展開する株式会社やまとわが昨年から発売している、木をそのまま使用しているノート。そこに新たなラインナップ信州経木Shiki『Shiki bun 木のノート B6』(表紙カラー:スノーホワイト/鉄・税込3,630円・2023年8月発売)が加わった。

素材となった木は、信州・伊那谷のアカマツで木こりが伐採した樹木を製材した後、薄く削っていく。それを干して乾燥させ、重しをして整えると、経木となる。そうした製造工程を社内および地域の人々が手がけることで、トレーサビリティも確保しているという。

経木は和の包装材として知られ、本来持つ調湿、抗菌作用から食材や駅弁のパッケージにも使われているもの。

そんな経木を、見事な職人技でノートに仕上げたのは、日本で数少ない手製本工房の「美篶堂(みすずどう)」だ。

そうした手間暇をかけて作られた『Shiki bun 木のノート B6』は、1ページ1ページ違う本物の木目を楽しめる製品。フワッとしたウッディな香りも、自然のアカマツのもの。

表紙と1ページ目のプリントは、若い松ぼっくりのカラーをイメージ。経木への印刷という挑戦も地元の藤原印刷が手がけた。

すべてが再生可能資源でできたノート。地域のサーキュラーエコノミー(循環型経済)と環境負荷の低減、適度な伐採により森林保全にもつながる、まさにSDGs時代の製品と言えるだろう。

現在、クラウドファンディングサービス 「CreemaSPRINGS」にて、先行発売中。

■公式サイト

文房具
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース