ドライブレコーダーが欲しい、という人が増えている。そこでいちばん気になるのが、クルマへの取り付けだろう。自分でできるのか? ショップに任せたほうがいいのか? ここでは、ドライブレコーダーの設置について、プロが解説する。

基本的な取り付けは驚くほど簡単! ケーブルの露出が嫌ならショップに依頼

ドライブレコーダー(ドラレコ)の基本的な取り付け方法は、実は拍子抜けするほど簡単だ。取り付けに要する時間は、初心者でも10分程度で済むだろう。

ただし、気をつけたいのは、どこでも好きな位置に取り付けていいというものではないこと。

「道路運送車両の保安基準(第39条)」により、「ガラス開口部の実長の20%以内の範囲」または「車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲」と規定されている。

ドライブレコーダーの取り付けは難しい作業ではないが、定められた位置に取り付ける必要があるため、取り付け場所はかなり限定される。

つまり、「フロントガラスの上側20%以内」、あるいは「ルームミラーの裏側(陰となる部分)」のいずれかに取り付けなければいけないということ。

加えて、ワイパーの払拭範囲内に収まることも配慮すべき。また、最近のクルマには安全運転支援のためのセンサーボックスが装備されていることも多く、この映り込みが最小限になるような位置を探すことも必要だ。

ベストなのは、視界を妨げないルームミラーの裏側だ。

❶まずはパッケージの中身を確認しよう

ここでは、ケンウッドのDRV-W630を例に説明していこう。

まず、箱を開けて中身を確認。本体と取り付け用ブラケット、電源ケーブル、メモリーカード、写真にはないが取扱説明書が同梱されている。

❷電源を入れてモニターが映るようにする

本体に付属の電源ケーブルを差し込んで、車のシガーライターソケットとつなぎ、電源を取れるようにする。

❸モニターを見ながら、取り付け位置の見当をつける

付属のmicroSDカードを挿入し、両面テープをはがさず、モニターを見ながら最適な取り付け場所を探す。

❹取り付け位置を確定したら、配線を行う

電源ケーブルを差し込んだまま、両面テープをはがして決めた位置へ取り付け。ケーブルを目立たないように、天井裏に押し込んで配線する。

なお、吊り下げタイプの場合は、運転席側への取り付けが困難になるほか、配線の大半が露出してしまう。

ケーブルの露出を避けたいという場合は、車内のカバー類をはがすなどの手間がかかるため、取り付けの難易度は上がる。

作業に自信がない場合は、カー用品店やディーラーなどに依頼するのが賢明だ。

解説/会田 肇(自動車評論家)

This article is a sponsored article by
''.