文房具の進化が止まらない! 持っているだけで仕事や勉強の時間がワクワク、楽しくなるアイデア満載の逸品を紹介します。今回は、「捺す」がテーマです!

手塚治虫が生み出したキャラクターを印影に刻んだファン垂涎のはんこ

ハンコズ
手塚ずかん
標準価格:4000円(税込)ほか

画像: 木彫りタイプ。同じキャラクターが黒水牛タイプでも用意される。

木彫りタイプ。同じキャラクターが黒水牛タイプでも用意される。

手塚治虫が生み出したキャラクターは、私たちの思い出の中で今も躍動している。

そんな永遠のアイドルを印影に刻んだはんこが発売された。

はんこは、大きく分けて2種。

宅配便の受け取りなどに使えるスタンプ印と、全国のほとんどの金融機関で使える銀行印タイプである。さらに銀行印タイプは、木彫りと黒水牛から選ぶことができる。

キャラクターは43種、名前の書体は3種を用意。パッケージも保存版にしたいほどの出来だ。

手塚世代としては、非常に魅力的なアイテムである。

画像: 左からBOXケース、紙管ケース、透明ケース。

左からBOXケース、紙管ケース、透明ケース。

画像: 透明ケースには、キャラクターストラップが1個付く。

透明ケースには、キャラクターストラップが1個付く。

©Tezuka Productions

【チェックポイント】

スタンプ印か銀行印か迷うところだが、正直、キャラクターを分けて2種とも欲しい。スタンプ印は、手紙や持ち物などに捺せば楽しそうだ。印鑑登録については、役所に確認のこと。

印影を押印場所に照射するプロジェクター内蔵のスタンプ

天野製作所
プロジェクタースタンプ認印サイズ
標準価格:1万2960円(税込)ほか

画像: 天野製作所 プロジェクタースタンプ認印サイズ 標準価格:1万2960円(税込)ほか

押印が苦手である。上下曲がらないように慎重に捺したつもりが、直前にわずかな回転をするのか、必ず傾いてしまう。

日ごろ、押印を主業務としていないライターにとって、不思議事務体験の一つである。

そんな不器用人生を歩む者たちに、文字どおり光を当てる印鑑が登場した。

その名も「プロジェクタースタンプ」。

印影を超小型プロジェクターで投影することで、押印場所を正確に定め、曲がらずに捺せる。同時に、朱肉のつき具合もわかるので、カスレの防止にもなるのだ。

プロジェクターのオン・オフはタッチスイッチ、先端に触れるだけで点灯する。もう完璧だ!

ボディは、梨地と鏡面を用意。認印・銀行印用と実印・法人印用の2種が発売されている。印面彫刻は、販売店か印章店に依頼する。

画像: 高輝度白色LEDにより明るい場所でも鮮明に投影。

高輝度白色LEDにより明るい場所でも鮮明に投影。

【チェックポイント】

押印時のストレスを大幅に軽減してくれる画期的なシステム。しかし、それなりの値段である。
上で紹介した「手塚ずかん」とのコラボを望みたい。

バッグに一つ用意しておくと便利! 押印してから約3秒で乾く朱肉

マックス
瞬乾朱肉プレミオ20号SA-2004PS
標準価格:390円

画像: マックス 瞬乾朱肉プレミオ20号SA-2004PS 標準価格:390円

朱肉が苦手である。どれだけつければいいのかわからず、グリグリやったあげく、押印すると濃すぎて乾燥に時間がかかったり……。

そんな悩みを解決するのが、約3秒で乾く速乾性の朱肉だ。

フタを開けたままでも乾きにくいパッドを採用している。

これは、「ホッチキス」で有名なマックスの定番だが、あまり知られていないのではないだろうか?

画像: コンパクトタイプは携帯するのにも便利。

コンパクトタイプは携帯するのにも便利。

【チェックポイント】

シヤチハタなどのスタンプ印が実印などに使えない現状では、朱肉を使うことはたびたびあること。そこで、この「瞬乾朱肉」。価格も手ごろなので、一つ持っておくと便利だ。

解説/宇野正樹

This article is a sponsored article by
''.