文房具の進化が止まらない! 持っているだけで仕事や勉強の時間がワクワク、楽しくなるアイデア満載の逸品をズラリと紹介します。今回のテーマは【貼る・綴じる】です。

先端部分を切り離してページの中の重要な箇所を指示できる付箋

ビバリー
ココサスプラス
標準価格:380円〜

画像: こちらは、パステルカラーのLサイズ(幅20ミリ)。

こちらは、パステルカラーのLサイズ(幅20ミリ)。

道具というのは、ちょっとしたアイデアで劇的に進化するが、その典型例が、この「ココサス」。

パッと見は普通の付箋だが、ミシン目の付いた先端部分が切り離せ、これを第2の目印としてページ内にピンポイントで貼り付けられる。

雑誌、書籍、紙資料などの重要ページに付箋をつけて渡されたはいいが、そのページのどこが大事なのかを見つけられないという〝ページ内迷子〟問題も、これで簡単に解決。

色を使い分ければ、ページ内の複数の重要箇所を指示することも可能だ。

「ココサスプラス」は、先端部分をよりシンプルにして、そのぶん枚数を大幅に増やした実用性の高い最新モデル。

紙製のほかに、貼っても下が見える透明フィルム製も用意されている。

画像: まずページに案内し、さらにピンポイントで場所を指示できる。

まずページに案内し、さらにピンポイントで場所を指示できる。

【チェックポイント】

単機能だと思っていた付箋に、こんな改良点があったことに驚く。使ってみると実感するが、本当にわかりやすく指示できる。ビジネスにも勉強にも大いに役立つだろう。

デスクの上に立てて貼れる独自構造の自立型付箋

カンミ堂
タテトコ
標準価格:420円〜

大切な予定を書いた付箋をモニター横に貼っていたのに、知らないうちに落下していた……。

そんな失敗が起こらないのが、この「タテトコ」だ。

デスクの上に直接貼る自立型の付箋で、落下の心配がなく、とにかく目立つ。

用件の見落としも防げるに違いない。

画像: 紙資料などの上に立てることも可能。急ぎの回覧などに有効だ。

紙資料などの上に立てることも可能。急ぎの回覧などに有効だ。

画像: のり部分の紙をはがさなければ、普通のメモ用紙としても使える。

のり部分の紙をはがさなければ、普通のメモ用紙としても使える。

【チェックポイント】

付箋下部にある”のり付きフィルム”で、デスクに貼り付けて使う。紙+フィルムの独自構造と、折り目部分にあるストッパーによって、安定した自立を実現している。

コピー用紙を15枚までしっかりと保持できる紙素材の新感覚クリップ

マックス
DELP
標準価格:300円〜

画像1: マックス DELP 標準価格:300円〜

「DELP」は、紙素材でできた三角形の新感覚クリップ。

書類などの角に差し込み、角を折り込んだ形で留めるのが特徴で、付け外しの手軽さと高い保持力を両立。

しかも、クリップ自体に文字やイラストを書き込めるから、付箋の役割までできる。

紙なので、廃棄する際に分別の必要がないのもうれしい。綴じられるのは、コピー用紙15枚まで。

画像: 角を折ってしっかりととめるので、書類がバラける心配はない。

角を折ってしっかりととめるので、書類がバラける心配はない。

画像2: マックス DELP 標準価格:300円〜
画像: 他人へのメッセージ、自分用の覚え書きなどを自由に書き込める。

他人へのメッセージ、自分用の覚え書きなどを自由に書き込める。

【チェックポイント】

付け外しが楽なクリップ、しっかり留められるステープラー、メモを書ける付箋の3役を一つでこなせるのは超魅力的。留めた紙に折り目はつくが、ステープラーのような穴が開かないのもいい。

解説/生島 保

This article is a sponsored article by
''.