「ツイッター」には140文字以内という投稿制限があるため、文章を書くのが苦手な人でも気軽に情報発信できる。芸能人や政治家などのユーザーも多いため、こうした有名人を「フォロー」して発言を読むだけでも十分楽しめるのも魅力だ。

縛りのない緩いつながりで楽しみたい人にピッタリ!

特徴1 1回の投稿は140文字以内に制限されているため、肩ひじを張らずに情報発信可能
特徴2 有名人の利用者が多く、芸能人や作家、政治家などの意見をダイレクトに読める
特徴3 強固なつながりを作るのには向かないが、そのぶん、しがらみのない交流を楽しめる

画像: 特徴1 1回の投稿は140文字以内に制限されているため、肩ひじを張らずに情報発信可能 特徴2 有名人の利用者が多く、芸能人や作家、政治家などの意見をダイレクトに読める 特徴3 強固なつながりを作るのには向かないが、そのぶん、しがらみのない交流を楽しめる

アカウント登録の手順(画面はiPhone)

ユーザーネームにはニックネームを使おう

アカウント作成時は認証コードを受け取るために、電話番号かメールアドレスが必要。

また、特段の事情がない限り、ニックネームの利用がおすすめ。

というのも、ツイッターの投稿は基本的に一般公開されるため、実名だと身元を特定されるリスクがあるからだ。

1

画像: アプリの初期画面が開いたら、画面中央の「はじめる」ボタンをタップしてアカウント作成へと進もう。

アプリの初期画面が開いたら、画面中央の「はじめる」ボタンをタップしてアカウント作成へと進もう。

2

画像: 認証コードの受信に電話番号かメールアドレスが必須となる。どちらでも好きなほうを準備しておこう。

認証コードの受信に電話番号かメールアドレスが必須となる。どちらでも好きなほうを準備しておこう。

3

画像: ツイッターの投稿は不特定多数のユーザーに見られることになるため、実名登録は避けたほうが無難だ。

ツイッターの投稿は不特定多数のユーザーに見られることになるため、実名登録は避けたほうが無難だ。

これだけはマスターしたい基本操作(画面はiPhone)

「投稿」と「フォロー」「リツイート」を覚えよう

記事の投稿は、画面右上の羽ペンアイコンから実行可能。

フォローは相手のタイムライン画面上部の「フォローする」、リツイートは投稿枠下部にある矢印アイコンをタップすればいい。

リツイートで「引用リツイート」を選ぶと、自分のコメントも追加できる。

画像: 記事の投稿すなわち「ツイート」では、140文字以内の文章に加え、写真や動画、位置情報なども利用可能だ。

記事の投稿すなわち「ツイート」では、140文字以内の文章に加え、写真や動画、位置情報なども利用可能だ。

1

画像: ユーザーをフォローすると、相手の投稿も自分のタイムライン画面にリアルタイムで表示されるようになる。

ユーザーをフォローすると、相手の投稿も自分のタイムライン画面にリアルタイムで表示されるようになる。

2

画像: 気になる投稿を見つけたら、リツイートすることで自分をフォローしている人たちにも手間なく伝えられる。

気になる投稿を見つけたら、リツイートすることで自分をフォローしている人たちにも手間なく伝えられる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.