1秒間に何枚の連続撮影が可能か? その枚数が多いほど、動く被写体の〝一瞬のチャンス〟がとらえやすくなる。スポーツや乗り物などの撮影では、非常に重要になるポイントだ。同時に、AFの性能も重要になる。どんなに高速連写ができても、動く被写体にAFが追従しないと意味がない。

AF/AE追従で約14コマ/秒の高速連写が可能なキヤノンの最高峰

キヤノン
EOS-1D X Mark II
実売価格例:63万5350円(ボディ)

画像1: AF/AE追従で約14コマ/秒の高速連写が可能なキヤノンの最高峰

AF/AE追従で約14コマ/秒の高速連続撮影が可能な、キヤノンのフラッグシップ機。

光学系とアルゴリズムを再構築した、新61点レティクルAFを搭載。

全測距点が開放F8対応、中央1点の低輝度限界拡大など、AFも大幅に向上している。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/2020万 ●AF測距点/61点 ●ISO感度/50〜40万9600 ●連写/14コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅158㎜×高さ167.6㎜×奥行き82.6㎜ ●重量/1530g

画像2: AF/AE追従で約14コマ/秒の高速連写が可能なキヤノンの最高峰
画像: 激しく羽ばたいて飛ぶユリカモメを超望遠ズームの画角でねらう。約14コマ/秒の高速連写によって、5〜6コマ/秒程度の連写スピードでは難しい、羽ばたきの変化をとらえることができた。 ●100-400㎜レンズ(400㎜)●シャッター速度優先AE●1/2000秒●F5.6●WBオート●ISO320

激しく羽ばたいて飛ぶユリカモメを超望遠ズームの画角でねらう。約14コマ/秒の高速連写によって、5〜6コマ/秒程度の連写スピードでは難しい、羽ばたきの変化をとらえることができた。
●100-400㎜レンズ(400㎜)●シャッター速度優先AE●1/2000秒●F5.6●WBオート●ISO320

AF/AE追従で約12コマ/秒、最大200コマまでOK

ニコン
D5
実売価格例:64万1940円(ボディ)

画像: AF/AE追従で約12コマ/秒、最大200コマまでOK

AF/AE追従で約12コマ/秒、最大200コマまでの高速連続撮影が可能なニコンのフラッグシップ。

99点のクロスセンサーを含む、高密度153点AFシステム(55点が任意選択可)を搭載。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/2082万 ●AF測距点/153点 ●ISO感度/50〜328万 ●連写/12コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅160㎜×高さ158.5㎜×奥行き92㎜ ●重量/1405g(XQD)

4240万画素の高画素機だが、最高約12コマ/秒を実現

ソニー
α99 Ⅱ
実売価格例:35万9570円(ボディ)

画像: 4240万画素の高画素機だが、最高約12コマ/秒を実現

独自構造のフルサイズ一眼カメラ。

有効約4240万画素という高画素機だが、AF/AE追従最高約12コマ/秒の高速連写が可能。

79点(高速連写時は61点)の位相差AFを採用する。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/4240万 ●AF測距点/79点/399点 ●ISO感度/50〜10万2400 ●連写/12コマ/秒 ●液晶モニター/3.0型 ●本体サイズ/幅142.6㎜×高さ104.2㎜×奥行き76.1㎜ ●重量/849g

α99Ⅱと同構造で最高約12コマ/秒のAPS-C機

ソニー
α77 Ⅱ
実売価格例:12万2660円(ボディ)

画像: α99Ⅱと同構造で最高約12コマ/秒のAPS-C機

フルサイズ機のα99Ⅱと同じく独自構造を採用するAPS-Cサイズ機。

こちらもAF/AE追従で最高約12コマ/秒の高速連写が可能で、79点(高速連写時は61点)位相差AFを搭載。

●撮像素子/APS-C ●有効画素数/2430万 ●AF測距点/79点 ●ISO感度/50〜2万5600 ●連写/12コマ/秒 ●液晶モニター/3.0型 ●本体サイズ/幅142.6㎜×高さ104.2㎜×奥行き80.9㎜ ●重量/726g

解説/吉森信哉(フォトグラファー)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.