皆さんは、デジカメやスマートフォンで撮影をしたあと、撮った画像データをどのように扱っているだろうか。撮ったままでバックアップをしないでいると、その機器が壊れたり、不調になったりした場合に、写真が見られなくなるおそれがある。ここでは、写真を撮ったあとの基本作法を解説しよう。

まずは、パソコンの外付けHDDに保存するのが基本

デジカメでも、スマートフォンでも、写真を撮ったら、まず、パソコンの内蔵HDDに転送するのが一般的だ。パソコンに保存してあれば、写真をトリミングしたり、レタッチしたりといったこともやりやすくなる。

しかし、パソコンの内蔵HDDだけでは、パソコンに不具合が生じた場合に、HDD自体は壊れていないのに写真が取り出せなくなるという危険性がある。写真を恒久的に保存するならば、パソコン内蔵のHDDに加え、外付けHDDを使うのがおすすめだ。
 
もちろん、外付けHDDも故障する可能性はあるので、不測の事態に備える意味でも、ドライブを2台以上搭載し、自動的にバックアップコピーをしてくれるミラーリング(RAID)対応HDDを選択するのが得策といえる。

2台のHDDを搭載した外付けタイプがおすすめ

アイ・オー・データ
HDS2-UTXシリーズ
実売価格例:2万4770円(2Tバイト〕

高速ドライブを2台搭載し、それらに同時に書き込むことで自動的にバックアップを作成できる。1台のドライブが故障しても、データが失われない。

また、パソコンを使わずに写真をHDDに保存するには、メモリーカードを直接挿して自動コピーできるNAS(LANに接続するタイプのHDD)が便利だ。あるいは、撮った写真をテレビで鑑賞したいなら、HDMIでテレビと接続できるバッファローの「おもいでばこ」のようなデジタルアルバム型のHDDを利用するのもいいだろう。

パソコンを使わずに画像の保存が可能

アイ・オー・データ
フォトジェニック HLS-PG1
実売価格例:1万6041円

画像: パソコンを使わずに画像の保存が可能

SDカードを挿入したり、USBケーブルでスマホを接続したりすると、画像データを自動的にコピーできるNAS。スマホでの閲覧や編集にも対応。

バッファロー
おもいでばこ PD-1000S
実売価格例:3万1170円(1TB)

スマホやデジカメで撮った写真をパソコンを使わずに保存できる。HDMI接続したテレビで再生が可能。Wi-Fiを搭載しており、スマホとも連係できる。

HDDに加えて、クラウドストレージも利用したい

先にも述べたように、HDDは手軽に扱えるものの、故障などの心配は常にあるもの。そこで、もう一歩進んだデータ保存も行っておきたい。すでに外付けHDD、NAS、デジタルアルバム型HDDなどを使っているという人も、実践してほしい。

それが、クラウドストレージである。クラウドストレージとは、インターネットを使ったサービスで、パソコン経由で、ネット上のサーバーにデータを保存することができる。主なものを下の表に掲げてみた。

このクラウドストレージに写真を保存しておけば、現状での保存方法としては完璧といえる。クラウドストレージに保存した写真は、同じアカウントとパスワードでサービスにログインすれば、自宅のパソコンだけでなく、スマホやノートパソコンを使って、いつでもどこでも見たり、ダウンロードできたりするので、とても便利に使うことができる。

せひ、試してみていただきたい。

画像保存に便利な主要クラウドストレージサービス

画像: ※1=静止画でも1600万画素超の画像やRAWデータは1600万画素のJPEGに変換される。※2=Amazonプライム会員の料金(送料無料、動画視聴など多彩な特典あり)。料金は

※1=静止画でも1600万画素超の画像やRAWデータは1600万画素のJPEGに変換される。※2=Amazonプライム会員の料金(送料無料、動画視聴など多彩な特典あり)。料金は

解説/福多利夫 (フリーライター)

※価格、料金は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.