レコードプレーヤー、カセットプレーヤー、ラジオ、CDドライブを搭載し、アンプ・スピーカーを内蔵したアナログ・デジタル・オールインワン機。CDドライブはCD-R/RWへの録音に対応しており、本機単体でレコードやカセットをCD-Rにダビングできる。バスレフスピーカーで低音も響かせる上、重厚かつレトロな外観も魅力だ。

ティアック
LP-R520
実売価格例:4万7690円

画像: レコードプレーヤー、カセットプレーヤー、ラジオ、CDドライブを搭載し、アンプ・スピーカーを内蔵したアナログ・デジタル・オールインワン機。CDドライブはCD-R/RWへの録音に対応しており、本機単体でレコードやカセットをCD-Rにダビングできる。 ●出力/3.5W+3.5W●カートリッジ/セラミックステレオタイプ(専用)●レコード針/STL-103(サファイア)●使用テープ/C-90以下のカセットテープ●再生可能ディスク/CD-DA、CD-R、CD-RW●サイズ/幅470㎜×高さ230㎜×奥行き390㎜●重量/約11㎏

レコードプレーヤー、カセットプレーヤー、ラジオ、CDドライブを搭載し、アンプ・スピーカーを内蔵したアナログ・デジタル・オールインワン機。CDドライブはCD-R/RWへの録音に対応しており、本機単体でレコードやカセットをCD-Rにダビングできる。
●出力/3.5W+3.5W●カートリッジ/セラミックステレオタイプ(専用)●レコード針/STL-103(サファイア)●使用テープ/C-90以下のカセットテープ●再生可能ディスク/CD-DA、CD-R、CD-RW●サイズ/幅470㎜×高さ230㎜×奥行き390㎜●重量/約11㎏

バスレフスピーカーで低音が効いた音を聴かせる

MMカートリッジ付属、フォノイコライザー、アンプ・スピーカー搭載で、そのままレコードが聴ける。付属のカートリッジはLP盤、EP盤対応のものだが、別売のSP盤用のカートリッジを使えば、SP盤の再生も可能。ターンテーブルもSP盤に対応した3スピード、オートリターン仕様になっている。

再生系は、本格的なアンプと、バスレフスピーカーを採用しており、かなり高音質。レコードの印象を強くするどっしりした味付けだ。

ノーマル、ハイポジに対応したカセットプレーヤーも搭載。こちらは再生専用なので、ソースをカセットに録音することはできないが、間違って消去する心配もない。

本体正面にCDドライブを搭載しており、CDの再生ができるのはもちろん、CD-RやCD-RWへのレコーディングも可能。本機単体でレコードやカセット、ラジオ番組をCD化することができるのだ。CD録音の際には、無音部検出で自動的にトラックナンバーが記録されるが、ライブ盤のような無音部がないソースでは、手動でトラックを打つことが可能となっている。

●MMカートリッジが付属

画像: LP盤、EP盤を再生できるMMカートリッジが付属。MMカートリッジ対応のフォノイコライザーも搭載しているので、すぐにレコードが聴ける。

LP盤、EP盤を再生できるMMカートリッジが付属。MMカートリッジ対応のフォノイコライザーも搭載しているので、すぐにレコードが聴ける。

●カセットプレーヤー

画像: ノーマルポジションだけでなく、ハイポジションのカセットテープにも対応したカセットプレーヤーを装備。ただし録音には対応していない。

ノーマルポジションだけでなく、ハイポジションのカセットテープにも対応したカセットプレーヤーを装備。ただし録音には対応していない。

●CDレコーディング対応

画像: CDドライブは、音楽CDの再生だけでなく、CD-R/RWへの録音機能も搭載。レコードを再生してCD-Rに録音すればデジタル化できる。

CDドライブは、音楽CDの再生だけでなく、CD-R/RWへの録音機能も搭載。レコードを再生してCD-Rに録音すればデジタル化できる。

●LINE IN/OUT端子

画像: 既存のオーディオアンプやコンポシステムに組み込むためのLINE OUT端子に加え、LINE IN端子も装備。外部機器の音源もCD化できる。

既存のオーディオアンプやコンポシステムに組み込むためのLINE OUT端子に加え、LINE IN端子も装備。外部機器の音源もCD化できる。

解説/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.