新4K8K衛星放送をはじめ、「Netflix」など、4K動画を見られる放送やサービスではなく、市販ソフトでも4Kコンテンツを楽しむことができる。それがUHD BD(ウルトラHD ブルーレイディスク)だ。大画面テレビやプロジェクターで4Kの高画質を存分に楽しむならば、ぜひともUHD BDにも注目だ。また音質が高く最新の立体音響にも対応しているのも見逃せない。

他のメディアに比べて圧倒的に情報量が多い

ここまで、新4K8K衛星放送をはじめ、「Netflix」など、4K動画を見られる放送やサービスを紹介してきたが、市販ソフトでも4Kコンテンツを楽しむことができる。それがUHD BD(ウルトラHD ブルーレイディスク)だ。

UHD BDを再生するには、対応再生機器が必須。再生専用のBDプレーヤーのほか、BDレコーダーでも、再生可能な製品が増えてきている。HDRに対応した4Kテレビがあれば、UHD BDの画質のよさをフルに楽しめる。

再生専用機は意外に廉価

パナソニック DP-UB32

実売価格例:3万2420円

画像: UHD BDの再生専用機にはさまざまなモデルがあるが、このパナソニック・DP-UB32は実売3万2420円と、BDレコーダーよりもずっと安い。すでにBDレコーダーを持っている人なら、この製品に注目したい。

UHD BDの再生専用機にはさまざまなモデルがあるが、このパナソニック・DP-UB32は実売3万2420円と、BDレコーダーよりもずっと安い。すでにBDレコーダーを持っている人なら、この製品に注目したい。

UHD BDと、そのほかの4Kコンテンツとの最大の違いは、情報量だ。転送レートは最大100Mbpsで、放送やネット動画配信とは段違いに大きくなっている。そのため、画質的にもかなり優位。大画面テレビやプロジェクターで4Kの高画質を存分に楽しむならば、ぜひともUHD BDにも注目してほしい。

UHD BDが再生可能な現行BDレコーダー

音質が高く最新の立体音響にも対応している

また、UHD BDのもう一つの特徴は音のよさだ。ロスレス圧縮で、ハイレゾと同等の高音質が楽しめる。また、高さ方向まで再現できるドルビー・アトモスやDTS:Xといった最新のサラウンド方式に対応しており、映画館のような立体的な音響を楽しめる。再生には、対応AVアンプやサウンドバーなどのオーディオ機器が必要になるが、音質の点でも、UHD BDには放送やネットコンテンツに比べて、大きなアドバンテージがあるのだ。

無料で楽しめるチャンネルも多い新4K放送や、定額で見放題のネット動画サービスに比べると、UHD BDはソフトの価格が高いのが難点。だが、情報量の豊富さを生かし、高画質と高音質では圧倒的な実力を持つ。最近は、ソフトも充実の一途で、映画、音楽、アニメなどが続々と発売されている。4Kコンテンツの最高の映像と音を、ぜひとも一度体験してみてほしい。

鳥居一豊の推奨タイトル

ソロ/スターウォーズ・ストーリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン
定価:7330円

「スターウォーズ」のハン・ソロの若き日々を描いた外伝的な作品。スピード感たっぷりのアクションが高精細な映像と音で楽しめる。

パシフィック・リム:アップライジング
NBCユニバーサル・エンターテイメント
定価:5820円

巨大ロボットと異次元から襲来する怪獣との戦いを描いた大ヒット作の続編。重量感たっぷりの映像は4Kテレビだと見ごたえ満点だ。

文/鳥居一豊(AVライター)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.