ドライブレコーダーの人気9モデルを、都内を走行テストして比較した。今回は2カメラ型の「データシステムDVR3100」で実走テスト。前・後ともにフルHDの広角録画に対応したモデルで、家庭の大画面テレビでも見られるHDMI端子も備えているのが特徴だ。設置性、フロント昼間画質/夜間画質、リア昼間画質/夜間画質、操作性の6つの項目を10点満点で採点したので参考にしてほしい。

ドライブレコーダー最新モデル実走テスト
データシステム DVR3100

前・後ともフルHDの広角録画。夜間でも鮮明さが失われない

実売価格例:3万4800円
記録解像度:1920×1080
画角:対角140°
記録メディア:microSD16GB付属
モニター:3.0型
GPS/WDR

画像: 前・後ともフルHD記録に対応したモデル。しかも、レンズには超広角の6層ガラスレンズをフロント、リアともに採用し、高画質に徹底してこだわった。夜間やトンネル内などで鮮明な画像に補正するWDRも搭載。GPSによって位置情報や車速情報、日時も自動記録。家庭の大画面テレビでも見られるHDMI端子も備える。

前・後ともフルHD記録に対応したモデル。しかも、レンズには超広角の6層ガラスレンズをフロント、リアともに採用し、高画質に徹底してこだわった。夜間やトンネル内などで鮮明な画像に補正するWDRも搭載。GPSによって位置情報や車速情報、日時も自動記録。家庭の大画面テレビでも見られるHDMI端子も備える。

●リアカメラ

記録解像度:1920×1080
画角:対角140°

画像: ドライブレコーダー最新モデル実走テスト データシステム DVR3100

対角140度の6層ガラスレンズを採用

暗所撮影に強いCMOSセンサーを前・後カメラに搭載し、ともにフルHD記録を実現。さらに、超広角の6層ガラスレンズを組み合わせ、フルHDならではの高精細かつ高画質映像で記録する。記録した映像は、若干赤みを感じるものの、十分な解像度と発色で再現。

フロントカメラはまずまずの鮮明さで、この画質をリアカメラでも実現している点には感心する。特に、昼間はスモークガラス越しとなるため、リア映像は一段とコントラストが増し、鮮明さが際立っていた。

夜間も、鮮明さはまったく失われない。前・後カメラとも、クルマのナンバーを鮮明に映し出していた。リアは、スモークガラス越しとなるため、映像が若干アンダーぎみになるが、ライトに照らされたナンバーもしっかりと読み取ることができたのは評価したい。

取り付け用のブラケットは、前後いずれも可動範囲が広く、対応幅は広い。

操作系では、メニュー画面はオーソドックスなデザインで、使いにくさは感じない。ただ、本体の上面に操作スイッチを並べたため、手探りでの操作が求められる。大きめな3.0型モニターのサイズを生かしきれていないのが残念に思えた。シガー電源ケーブルのプラグ部分にUSB出力を用意しているのは親切。また、ビューワーアプリはカメラの切り替えに対応しておらず、ファイルから一つずつ選んでいくしかない。

HDMI出力以外で機能面で特筆すべきものはないが、画質を優先する人にはおすすめのモデルだ。

設置性:7点(10点満点)

画像: アングルの自由度が高いブラケットにより高い対応力を発揮。リアカメラのサイズも小さめで目立たず装着できる。

アングルの自由度が高いブラケットにより高い対応力を発揮。リアカメラのサイズも小さめで目立たず装着できる。

フロント昼間画質:8点(10点満点)

画像: 色調がやや不自然だが、画質のよさは十分伝わる。解像度は飛び抜けた印象はないが、実用十分なレベルにある。

色調がやや不自然だが、画質のよさは十分伝わる。解像度は飛び抜けた印象はないが、実用十分なレベルにある。

フロント夜間画質:8点(10点満点)

画像: 夜間でも解像度はほとんど落ちず、質感のある映像。イルミネーションの再現性は大画面で見たくなる美しさだ。

夜間でも解像度はほとんど落ちず、質感のある映像。イルミネーションの再現性は大画面で見たくなる美しさだ。

リア昼間画質:9点(10点満点)

画像: 一目見て美しさを実感する映像だ。リアカメラとしてはトップクラスの画質で、センサーの実力がわかる。

一目見て美しさを実感する映像だ。リアカメラとしてはトップクラスの画質で、センサーの実力がわかる。

リア夜間画質:7点(10点満点)

画像: スモークガラス越しということで夜は若干アンダーとなったが、それでも質感を失わず、後方を表示できていた。

スモークガラス越しということで夜は若干アンダーとなったが、それでも質感を失わず、後方を表示できていた。

操作性:6点(10点満点)

画像: 操作の流れを理解するのにやや時間を要した。スイッチが本体の上部にあるため、操作には慣れが必要。

操作の流れを理解するのにやや時間を要した。スイッチが本体の上部にあるため、操作には慣れが必要。

⇒【ドライブレコーダーのおすすめはコレ】全9モデルの採点結果はこちら

※価格は記事作成時のものです。

解説/会田肇 (自動車評論家)撮影/河野公俊

This article is a sponsored article by
''.