ドライブレコーダーの人気9モデルを、都内を走行テストして比較した。今回は「コムテック HDR360G」で実走テスト。魚眼レンズのような360度カメラの搭載で、前後左右グルリと撮影可能。最大10時間可能な駐車監視機能にも注目だ。設置性、フロント昼間画質/夜間画質、リア昼間画質/夜間画質、操作性の6つの項目を10点満点で採点したので参考にしてほしい。

ドライブレコーダー最新モデル実走テスト
コムテック HDR360G

一台で360度を全方位録画!駐車監視は最大10時間可能

実売価格例:3万2520円
記録解像度:1856×1856
画角:全天周360°
記録メディア:microSD16GB付属
モニター:2.4型
GPS/WDR

画像: ドライブレコーダー最新モデル実走テスト コムテック HDR360G
画像: 360度カメラで水平方向の全周を記録。前方だけでなく側面なども撮影できるので、あおり運転の幅寄せなどの事例にも対応できる。2.4型モニターを搭載し、見やすい前後2分割録画機能も備えている。録画モードは「常時録画」以外に、「衝撃録画」「マニュアル録画」の3種類を用意。別売で駐車監視機能も装備可能だ。

360度カメラで水平方向の全周を記録。前方だけでなく側面なども撮影できるので、あおり運転の幅寄せなどの事例にも対応できる。2.4型モニターを搭載し、見やすい前後2分割録画機能も備えている。録画モードは「常時録画」以外に、「衝撃録画」「マニュアル録画」の3種類を用意。別売で駐車監視機能も装備可能だ。

昼間であれば、前と左右は実用レベル

カメラを下向きにし、その位置から360度にわたって撮影する。デジカメの魚眼レンズのような360度カメラを搭載したドラレコということもできる。これによって前方から左右、後方までをグルリと撮影するのだ。そこで心配なのが、“超広角”で撮影した映像で、ドラレコとして役立つのかどうかという点。

結果は、予想以上にしっかりとした映像を見ることができた。もちろん、通常のドラレコに比べれば、明らかに解像度で劣るが、昼間であれば前方向と左右は、ナンバーも十分に読み取れる解像度を確保。車内の様子も克明に映っており、側面に衝突があっても、状況をとらえられそうだ。

やはり、問題なのは後方だ。取り付けがフロントガラスになる以上、リアウインドウ越しに映る映像はかなり小さくしか写らない。ナンバーを読み取るのはほぼ不可能。至近距離に近づけば、何とかナンバーが識別できる程度だ。さらに夜間は、カメラのダイナミックレンジが明らかに不足し、ライトを照射した部分はほぼ100%白飛び。ネオンも識別が難しいほどになってしまう。昼間のトンネル出口付近での白飛びもきつめの印象だった。

本体にモニターを装備するが、360度モードでは、内容の判別は不可能。前後を切り出す分割モードなら内容はわかる。別売で装着可能な駐車監視機能は、最大で10時間撮影可能。衝撃が加わった場合は、上書きせず保存する。全周囲への対応はできないものの、駐車監視まで考えると、いい選択肢になりそうだ。

設置性:9点(10点満点)

画像: カメラは下向きなので、ルームミラーなどでケラれないように注意。あとはフロントガラス面に取り付けるだけ。

カメラは下向きなので、ルームミラーなどでケラれないように注意。あとはフロントガラス面に取り付けるだけ。

フロント昼間画質:6点(10点満点)

画像: 360度撮影できる本機の特性上、解像度が劣るのはやむをえない。前方と左右は何とか実用レベルといえる。

360度撮影できる本機の特性上、解像度が劣るのはやむをえない。前方と左右は何とか実用レベルといえる。

フロント夜間画質:5点(10点満点)

画像: 解像度はさらに低くなるうえ、明暗のレンジも狭く、ライトで照射された部分は、ほとんど白飛びしてしまった。

解像度はさらに低くなるうえ、明暗のレンジも狭く、ライトで照射された部分は、ほとんど白飛びしてしまった。

リア昼間画質:4点(10点満点)

画像: 車内越しに後方を撮影することになるため、映ってはいるものの十分な情報は得られず、動きの確認が精一杯。

車内越しに後方を撮影することになるため、映ってはいるものの十分な情報は得られず、動きの確認が精一杯。

リア夜間画質:3点(10点満点)

画像: 暗所での後方確認はほぼ不可能で、後続車の様子は、ライトが見えるだけとなる。車内は、暗所でもよく映る。

暗所での後方確認はほぼ不可能で、後続車の様子は、ライトが見えるだけとなる。車内は、暗所でもよく映る。

操作性:8点(10点満点)

画像: モニター下の四つのボタンで操作するのが基本。ただ、パソコンを使わない場合は、2分割モードでの撮影が必須となる。

モニター下の四つのボタンで操作するのが基本。ただ、パソコンを使わない場合は、2分割モードでの撮影が必須となる。

⇒【ドライブレコーダーのおすすめはコレ】全9モデルの採点結果はこちら

※価格は記事作成時のものです。

解説/会田肇 (自動車評論家)撮影/河野公俊

This article is a sponsored article by
''.