4Kテレビと4Kチューナーを「同じメーカーでそろえた」場合、使い勝手がいいのはどのメーカーだろうか。この記事では、ソニーで連係チェック。使用した4Kチューナーは「DST-SHV1」、4K対応テレビは「KJ-43X8500F」だ。独自の連係操作「ブラビアリンク」を確認してみよう。

4Kチューナーと4K対応テレビの連係をチェック

同じメーカーで揃えたら使い勝手が向上するはず!

手持ちのテレビで新4K衛星放送を楽しめるのが、外付けの単体チューナーだ。テレビとチューナーを同じメーカーでそろえた場合の使い勝手を試してみた。

手持ちのテレビが4Kチューナー非内蔵タイプの場合、4K放送を見るためには、単体の4Kチューナーと組み合わせなくてはならない。そうすると、リモコンが2個になるので、操作がめんどうになると思いがち。しかし、今どきのテレビとチューナーなら、HDMI接続で相互連係できる「CEC機能」により、電源の連動やテレビのリモコンだけで基本操作ができるなど、利便性が向上している。しかも、同一メーカーであれば、各社独自のリンク機能を活用できる。

今回は、国内のテレビメーカー4社(シャープ、ソニー、東芝、パナソニック)のテレビ&チューナーの組み合わせで、どんな連係操作が行えるかをチェックした。理想は、「4Kチューナー内蔵テレビのように使えること」だ。

この記事では「ソニー」の連係をチェックする。

ソニーの4Kチューナーと4K対応テレビの連係をチェック!

使用したチューナーとテレビはコレ!

●チューナー
ソニー DST-SHV1

実売価格例:5万9270円

画像: 4Kチューナーを2基搭載し、地上/BS/CSチュナーも2基搭載。

4Kチューナーを2基搭載し、地上/BS/CSチュナーも2基搭載。

●テレビ
ソニー KJ-43X8500F

画像: 4Kチューナー非内蔵の4Kテレビ。2018年6月発売。

4Kチューナー非内蔵の4Kテレビ。2018年6月発売。

結果
ブラビアリンクで、連係操作は優秀

ダブルチューナーの利便性もあり、4K視聴は快適

ソニーの単体4Kチューナーは、大手テレビメーカー製としては唯一のダブルチューナー搭載機。USB HDDを接続すれば、4K放送の番組を視聴しながら裏番組を録画できるなど、他社製チューナーにはできない機能も搭載しており、人気機種になっている。

連係操作も「ブラビアリンク」のおかげで、ほぼすべての操作をテレビのリモコンで行える。テレビ側の入力切り替え時、チューナーが接続されているHDMI端子を選ぶだけでチューナーの電源が入り、そのまま4Kのチャンネルの選局や録画予約、番組再生などの操作も行える。もちろん、テレビの電源を落とせば、チューナーの電源も自動でオフになる。

画像: KJ-43X8500Fのリモコン

KJ-43X8500Fのリモコン

逆に、チューナー用のリモコンを使う場合でも、リモコンの上部に「TV操作」のボタンがあり、これを押してから使えばテレビの基本操作のほとんどが可能だ。連係性の高さでは一、二を争う使いやすさとなっている。

設定が楽で、チューナー内蔵機のように使える

連動の設定

画像: ブラビアリンクの設定は、接続された対応機器のリンクについて「有効にする」を選ぶだけ。機器別に設定できるのが便利。

ブラビアリンクの設定は、接続された対応機器のリンクについて「有効にする」を選ぶだけ。機器別に設定できるのが便利。

EPG

画像: EPGの操作もテレビのリモコンで可能。チューナーのEPGは、テレビのEPGと違うデザインのため、識別も容易だ。

EPGの操作もテレビのリモコンで可能。チューナーのEPGは、テレビのEPGと違うデザインのため、識別も容易だ。

録画予約

画像: シャープと同様、テレビのリモコンを使って、チューナー側に接続したHDDを録画先とする録画予約の操作が可能。

シャープと同様、テレビのリモコンを使って、チューナー側に接続したHDDを録画先とする録画予約の操作が可能。

※価格は記事作成時のものです。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.